2019/01/07

1月7日は人日の節句

五節供(節句)とはつぎの5つ。
1月7日の人日の節供
3月3日の上巳の節供
5月5日の端午の節供
7月7日の七夕の節供
9月9日の重陽の節供

人日の節供とは、古代中国の仙人、東方朔の占書に、正月1日に鶏を占い、2日には狗を占い、3日には羊を占い、4日には猪を占い、5日には牛を占い、6日には馬を占い、7日には人を占うとあることによるといいます。

『事物紀原』(中国の類書)
「東方朔占書曰、歳正月一日占鶏、二日占狗、三日占羊、四日占猪、五日占牛、六日占馬、七日占人、八日占穀、皆晴明温和、為蕃息安泰之候、陰寒惨烈、為疾病衰耗」

また、『荊楚歳時記』に「正月七日為人日、以七種菜為羹、翦綵為人」、七種の菜を羮(あつもの)とするとあります。

日本では、正月初子日(ねのひ)に小松引や若菜摘みをするといった、「子日遊(ねのひのあそび)」、春の野遊びがあり、これと人日の習俗が合わさったものでしょうか。

『国史大辞典』を見ると、つぎのようにあります。

子日遊 ねのひのあそび

 正月の初子(はつね)の日に催された遊宴行事。小松引き・子忌(ねいみ)ともいう。
 『倭訓栞』に「正月初の子日、野辺に出て小松を引きて祝とす、子の日を根延(ねのび)によせて、根ごめにするなるべし、小松も又子松の義に取るなるべし」とある。
 この日山に登り遠く四方を望めば、邪気をはらい憂悩を除くとする中国の風習に拠るとされるが、その根底には、わが国の春の野遊の習俗が存した。
 行事の内容は、小松引きと若菜摘みとがあり、この若菜を長上者に贈り、羹(あつもの)にして長寿を祝った。また、この日、宮中では宴会が行われ、子日宴と称した。

 『続日本紀』天平十五年(七四三)正月壬子(十二日)条に「御石原宮楼(注略)、賜饗於百官及有位人等」とあり、『文徳実録』天安元年(八五七)正月乙丑(二十六日)条に「昔者上旬之中、必有此事、時謂之子日遊也」とみえ、宮中においては、子日の行事は、他の節会などと同様、宴会行事として、奈良時代から催されていた。

七草 ななくさ

 春の七草を入れた七草粥は正月七日に食べる粥。室町時代以後行われる。
 若菜の羹(あつもの)、七草の羹の流れを汲むもので、若菜の儀と同じく万病・邪気を除くとされた。
 「七種之御粥」(『光台一覧』)、「若菜の粥」(『幕朝年中行事歌合』)、「菜粥」(『日次紀事』『日本歳時記』)、「七種菜粥」(『東都歳時記』)などとも呼ぶ。

 粥を煮る前、六日の夜から七日の暁に七草打ちをする。爼板(まないた)に薺(なずな)、または七草を置き、歳徳神(としとくじん)の方に向いて、薪・庖丁・火箸・摺粉木・杓子・銅杓子・菜箸など、台所の七つ道具で爼板を打つ。
 そのとき「唐土(とうど)の鳥が日本の土地へ、渡らぬ先に、なづな七種はやしてほとと」などとトントン拍子をとりながら囃す。江戸では終りのところを逆に「七種なづな」(『近世風俗志』)という。
 この鳥は鬼車鳥、隠飛鳥などいろいろな名で呼ばれ凶鳥とされたので、音をたてて追い払ったのであるが、本来は「鳥追い」で、害鳥を追い払い五穀豊穣を祈る予祝行事が七草粥に結びついたものとみられる。

[参考文献]
『古事類苑』歳時部、山中裕『平安朝の年中行事』(『塙選書』七五)、中村義雄『魔よけとまじない』(『塙新書』五一)

豊国(歌川国貞)「春遊娘七草」(早稲田大学演劇博物館蔵)
A
七草打ち


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/04

亥年にちなんで

今年は己亥年。
神戸屋キッチンでイノシシ型のチョコパイを見つけました。
P_20190104_095943

イノシシと言えば「忠臣蔵」五段目
北斎「〔仮名手〕本忠臣蔵五段目」より イノシシ
B

山崎街道 出合いの段 早野勘平と千崎弥五郎
       二つ玉の段 与市兵衛と斧定九郎
この絵はこの二つの場面が描かれていますが、
その間に、イノシシが描かれます。

塩冶藩に戻れなかった勘平は猟師になりました。そこで、出会った元同僚の千崎弥五郎。
勘平の妻の父である与市兵衛は、元塩冶藩士で身を持ち崩した斧定九郎にお金を奪われ殺されます。
その直後、イノシシと間違えられて定九郎は勘平に鉄砲で撃たれてしまいます。

そのイノシシがしっかりと描かれているのがこの絵。

ところで、ボストン美術館に年賀状コレクションがあります。
New Year's Card: Boar Rushing in the Rain”と題されたこの絵は、
明治44(1911)年、辛亥年の年賀状です。
定九郎の姿ははっきりと見えませんが、雨の中の破れ傘でそうとわかります。
そこに向かってくるイノシシ。
定九郎の末路を思うと縁起がいいのか悪いのか。
歌舞伎好きの人の年賀状でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/02

初夢はいかがでしたか

1月2日というと、初夢は今朝の夢だったのでしょうか。

と、辞書を見てみると

○日本国語大辞典

はつ‐ゆめ 【初夢】
年の初めに見る夢。

(イ)節分の夜から立春の明けがたに見る夢。

*山家集〔12C後〕上「たつ春の朝よみける 年くれぬ春来べしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふ初夢」

*俳諧・増山の井〔1663〕正月「初夢 立春の朝の夢也」

*随筆・嬉遊笑覧〔1830〕八「いつにても節分の夜のを初夢とするなり。今江戸にて元日をおきて二日の夜とするものは其故をしらず」

(ロ)大晦日の夜から元日の朝にかけて見る夢。または正月元日の夜の夢。また、二日の夜の夢。宝船の絵を枕の下に敷いて寝ると吉夢を見るといわれる。《季・新年》

*俳諧・曠野〔1689〕二・歳旦「初夢や浜名の橋の今のさま〈越人〉」

*俳諧・改正月令博物筌〔1808〕正月「初夢(ハツユメ) 大晦日夜より元日あかつきにいたるまでに見る夢也」

*随筆・守貞漫稿〔1837〜53〕二三「正月二日〈略〉今夜の夢を初夢と云」

旧暦(太陰暦)と異なり、現代の暦(太陽暦)では、立春と正月が離れているので、このように分かれざるを得ない。
ちなみに、2019年の節分は2月3日で、立春は2月4日、旧元日は2月5日。

日本大百科全書では、

 新しい年を迎えて初めてみる夢。その吉凶で年間の運勢を判断する「夢占(ゆめうら)」の習俗は古く、以前は節分の夜(立春の朝)の夢を初夢としたが、暦制の関係から除夜や元日の夜に移り、やがて「事始め」の正月2日の夜の夢に一定したらしい。

 すでに室町時代には正月2日夜「宝船」の紙を枕(まくら)の下に置いて寝る風習が始まっており、江戸時代に下ると「宝船売り」が江戸の風物詩として広く親しまれるようにもなっていた。七福神の宝船図、「ながきよのとおのねぶりのみなめざめ、なみのりふねのおとのよきかな」という回文の歌などもつとに固定したらしい。

 ともかく初夢に特別の関心が寄せられると、こうした「吉夢」をみようというまじないが生じ、また「悪夢」は宝船に添えて川に流す風習や、夢を食べるという架空の動物「バク」の絵を用いるといった「夢たがえ」の風習も生じた。「夢占」という、夢で吉凶を判ずる庶民の伝統は古いが、とくに年初の「初夢」には関心が強く、こうした「初夢」の習俗をおのずから生ずることになったのである。

世界大百科事典では、

 正月に初めて見る夢のことで,その内容からその年の吉凶を占う夢占の意図があった。  正月2日が仕事始めであるので,2日に見る夢を初夢といい,〈一富士・二鷹・三茄子(なすび)〉を縁起の良い夢の代表とした。一部には〈夢は逆夢〉といい,逆の結果を予想する所もある。

 中国の俗説を受けて,良い夢を見るために,夢を食うという貘(ばく)を描いた紙を枕の下に入れて寝る習俗が,宮中や公家を中心に広まり,室町時代には宝船の絵を敷いて寝るようにもなった。

 江戸時代,とくに浮世絵の隆盛をみる元禄期から,この習俗は一般庶民の間に広まって,七福神も付け加えられ,元日には,〈お宝,お宝〉といって絵を売り歩く宝船売の姿が見られた。

 これらの絵は,悪い夢を見た場合には,翌日の朝に川などに流す習慣で,前年の厄をそれにつけて流し去る意図もあった。元来は,邪鬼を払うための呪具を,枕の下に敷く風習が変化したものである。

 初夢は,西行の《山家集》にも見られるように,古くは節分の夜,すなわち立春の朝の夢をいったらしく,上方にはその風習が残ったが,江戸では大晦日や元日の夜,後には2日の夜を初夢とした。夢は,人間と神仏が交わる回路と信じられており,初夢は,年の変り目という時間のさけめにあたって,夢枕に立つ神仏のお告げを知る夢占の性格が強いのが本来のあり方である。

B国立国会図書館蔵「寶船之圖」

船に乗っている七福神はお馴染みですが、酒壺の上で柄杓を手に踊っているのは猩猩。能の猩猩(孝行息子に汲めども尽きぬ酒壺を与えた)ですが、絵によっては、酒壺と柄杓だけで表現したものも。

七福神と言えば、夷(えびす)・大黒・毘沙門(びしゃもん)天・弁才天・福禄寿・寿(じゅ)老人・布袋(ほてい)。
ただし、寿老人は福禄寿と同体異名だとして、代りに吉祥天または猩猩(しょうじょう)を配することもあるようです。

正月2日は、「事始め」。「吉書始め」に「書き初め」の日。
さて、そろそろお仕事を始める時分でしょうか。

かき‐ぞめ 【書初】

新年に初めて毛筆で文字を書く正月の行事。昔から、一月二日(江戸時代、寺子屋などでは五日)に恵方(えほう)に向かってめでたい意味の詩歌成句などを書いた。ふではじめ。吉書初(きっしょはじ)め。試筆。かきはじめ。《季・新年》

*満済准后日記‐応永一八年〔1411〕正月一日「声明始〈略〉書初等如年々」

*俳諧・玉海集〔1656〕一・春「かきそめの真行草や三ケ日〈重員〉」

*日次紀事〔1685〕正月二日「書初(ソメ)今日公武両家及地下良賤各々試筆。是謂書初」

*浮世草子・西鶴織留〔1694〕一・一「親仁の書初(カキソメ)に毎年さだまって遺言状をしたため」

*諸国風俗問状答〔19C前〕阿波国高河原村風俗問状答・正月・一二「此日書初と申て、先執筆仕、目出度詩又は歌を書候て年徳神へ供」

語誌

起源としては、鎌倉時代より行なわれた武家の「吉書初(きっしょはじめ)」が考えられる。武家の「吉書初」は朝廷で行なわれていた「吉書奏(きっしょのそう)」を模したもので、年首や将軍代始などに行なわれた。また、禅宗寺院でも正月に字をしたためることが年頭の行事として行なわれており、これが庶民に広まったものと思われる。【日本国語大辞典】

美術館・博物館、公園なども今日・明日から始まるところが増えています。
東京国立博物館では、「博物館に初もうで」
これも楽しみの一つ。「吉書」ならぬ「吉画」の見始めもよいものです。

ただ、近年「日本の伝統」というキーワードをやたら聞くようになりましたが、
「伝統」の本質は、「変化」だと私は思います。

「行事」とは、時代に、土地に合わせて何らかの文化・慣習が作り出されたもの。
それが、その時なぜ行われ、改変されたのか、「昔からあるから」「伝統だから」ということではなく、
その由来や来歴、今行うことの意義を理解してこその文化・慣習でしょう。

いや、そんな理屈抜きにしてもイベントは学んでこそいっそう楽しいもの。
お正月という年の区切り、この時期ならではのもの、大いに楽しみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/01

平成31年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
最近はすっかりご無沙汰してしまっておりますが、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月、ということで
「誹諧七福神之内 布袋」

Iimg900x12001541143689ndouhb1895044
一陽斎豊国画
板元 佐野喜
「年玉やものとりかはすむつましさ
御手細工の団扇は愛る御宿の童達におくり、戸棚に見えし夜具袋は和尚が傍の布袋に似たり。床にかけたる花入の其名も恰布袋竹。それかれ同さまなれど肥たる形にひきかへていと嬋娟なる姿うつくし
応需 柳下亭種員戯述」

お年玉について、『日本国語大辞典』には次のようにあります。

新年を祝ってする贈り物。江戸時代の町家では、貝杓子(かいじゃくし)、鼠半紙、塗箸、粗製の扇など粗末な物を用いた。年玉物。年玉包み。

*文明本節用集〔室町中〕「歳贄 トシタマ」

*日葡辞書〔1603〜04〕「Toxidama (トシダマ)〈訳〉新年の一月に訪問したおりに贈る贈物」

*高野山文書‐慶長一二年〔1607〕一二月一三日・諸寺諸社造営目録(大日本古文書三・四九一)「四百八拾貫弐百卅二文 正月内衆の年玉よりはじめて諸職人の祝言折々御ふち」

*俳諧・犬子集〔1633〕一・元日「年玉は手ぶりぶりなるお礼かな〈春可〉」

*諸国風俗問状答〔19C前〕紀伊国和歌山風俗問状答・正月・二「四日より寺院の年礼廻り、旦方其外懇意の筋へ為年玉、祈祷札・扇子等を送る」

*人情本・春色梅美婦禰〔1841〜42頃〕二・九回「毎年五月中旬より廓中の茶屋一同に、甘露梅を製して正月の年玉に用ゆ」

語誌

(1)年初に贈り物をする習慣は古くから存在し、宮中での正月の賜物に関する記述は多い。広く盛んになったのは室町時代で、太刀、金子、硯、酒等さまざまな品物が用いられた。特に男児のいる家には毬杖(ぎっちょう=毬を打つ道具)や振々(ぶりぶり=振々毬杖)、女児のいる家には羽子板や紅箱などを贈ったという。

(2)近世には、武士は太刀、商人は扇子、医者は丸薬、などと自分の作った物や家業と関係深いものを贈るようになった。その中でも扇子は広く用いられた。

(3)明治に入っても、年賀の際の簡素で有用な手土産、という性格はひきつがれ、手ぬぐい、略暦などが贈られた。ただ、対象が目下、特に子供に限られてきたようである。子供にこづかいをやる習慣は、一般的には近代以降のものである。

「誹諧七福神之内 布袋」は子ども達に配る手作りの紙細工を用意しているところ。
戸棚の布団袋を布袋さまの持つ袋に見立て、柱の正月飾りに正月らしさが見られます。

子ども達に現金を渡すのは近代の話。
そう言って紙細工でも渡したいところですが、子どもだったときにはお年玉(お金)はうれしかったので、
それを思うと、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

謹んで新年のお慶びを申し上げます

あけましておめでとうございます。
最近は、Twitterに慣れてしまい、更新がすっかり間遠になってしまいました。

平成30(2018)、戊戌年です。
1月7日(日)に近くの公民館で百人一首講座の最終日として、かるた遊びをいたします。
競技かるたのような一分一秒を争うものではなく、のんびりと遊ぼうという企画です。
普通の活字かるたを予定していますが、ほかに板かるたを用意しようと思います。

P_20171230_212408
北海道(道東)にいた子どもの頃、
お正月と言えば、親戚が集まってかるた遊びなどをしていました。

花の色は移りにけりないたづらに 我身よにふるながめせしまに 小野小町
秋の田の仮庵の庵の苫をあらみ 我衣手は露に濡つゝ 天智天皇

P_20171230_212335
「うし」「もれ」とよめれば、子どもも十分参加できました。

板かるたは、江戸後期の会津が発祥であるという説が有力ですが、諸説有るようです。
ただ、北海道では今もこれが一般的な……はず。
私の子どもの頃がいつかはともかく、
職場の20代の北海道出身者が同意してくれましたので、まだ一般的なはずです。

近世前期に成立した、おそらく京都を発祥とする小倉百人一首かるたが
近世後期には各地に広がり、
近代において、北海道の地の果て(小樽の人に言われました)・道東にまで普及したと思うと
興味深いことです。

さて、一方、
近年、伝統文化ブームだという、そのおかげでしょうか。
近所(東京都下)の和菓子屋さんで花びら餅を見つけました。

P_20180101_141936

「寛永三暦のころ都に上り三四年在京せしうち発句
  花びらの餅や九重けふの春」
(斎藤徳元『塵塚誹諧集』寛永10(1633)年)

都に滞在中の「花びらの餅」。
九重といえば次の歌を思い浮かべることでしょう。

いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬる かな 伊勢大輔
「九重」とは宮中のこと。

宮中行事に由来する遊びや食は、地域や時代によってさまざまに姿を変えています。
1月7日で百人一首講座は一旦終わりますが、
4月からの(別の所の)講座で、近世の行事と絵画の研究を予定しています。

ブログの更新がすっかり滞っていますが、
とりいそぎ、年明け入稿の原稿と校正とシラバスと試験問題が終わり次第に…ぼちぼちとしたいと存じます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

あけましておめでとうございます

2017


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/08

寒露に満月、皆既月食

本日は、寒露。

『日本国語大辞典』を見ると、

寒露とは、霜になりそうな冷たい露のことをいい、二十四節気の一つとしては、太陽が黄道上の一九五度の点にある時をいいます。陰暦の九月の節気、新暦の一〇月八日頃に当たる
 とのこと。

『新撰万葉集』(893~913)には次の和歌・漢詩が記されています。

三八六 露寒美(ツユサムミ) 秋之木葉丹(アキノコノハニ) 仮廬為留(カリホスル) 虫之衣者(ムシノコロモハ) 黄葉成計里(モミヂナリケリ)

三八七 寒露木葉怨秋往(かんろとこのはあきのゆくをうらむ)
     万人家所知長別(ばんにんのいへしるところなりながくわかるるを) 
     数処林枝愁黄葉(すうしよのはやしのえだくわうえふをうれふ) 
     廬宅中壁虫音薄(ろたくのなかのかべのむしのねうすし)

そろそろ夜は冷えるようになってきました。
紅葉(黄葉)にはまだ早いのですが、虫の音はよく響いています。

今夜は満月で、おまけに皆既月食までありました。
今日は旧暦9月15日なのですが、おもしろいことに、
平安時代、寛平8年(896) 9月15日にも月蝕が起きています。
『日本紀略』亭子院 には、

九月十五日、癸巳、始従巳剋迄于未剋、有月蝕之、陰暗無光。
とあります。
平安の人たちは月蝕をどのように見たでしょう。


Dsc00709a


Dsc00710a

自宅の近所は明るすぎましたので、小金井公園に月見に行きました。
薄暗いところのベンチには案外月見の人々がいて、まったりとした感じです。
とはいえ、今夜は雲もなかなか。

Dsc00720a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/06

十三夜(後の月)

今朝、台風が関東を通過し、午後は台風一過の青空となりました。
とはいえ、まだ風が強く、勢いよく雲が流れます。

夕刻、空を見上げると月が見えました。駅の鉄骨の隙間から見える月も冴え冴えとしています。
Sn3g0949a
この写真でははっきりしませんが、今夜は旧暦9月13日。

名所江戸百景に描かれた月のように、十三夜の月は満月にはまだ足りません。

D2_1312240_sip

月見団子は小金井駅前の亀屋さんのもの。
Sn3g0954a

帰る頃には流れる雲の隙間から月が見えました。
Sn3g0951a

Sn3g0952a


『徒然草』が思い浮かびます。
第137段
花はさかりに、月はくまなきをのみ見るものかは。

雲の波間に見える月もなかなかいいものです。

  『拾遺和歌集』
 延喜十九年九月十三日御屏風に、月にのりて翫潺湲
                                    よみ人しらず
一一〇六 ももしきの大宮ながらやそしまを見る心地する秋のよの月

延喜19(919)年に清涼殿で月見の宴が行われたとか。

 『挙白集』長嘯子

一〇三三 出づといると山の端しらでわたの原八重の塩路やむさしのの月

今夜の雲はまるで、波のようにも見えます。
八十島やわたの原など海の表現が思い浮かぶのもなるほどと思われる月の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/26

ほととぎすの声

ほととぎす鳴きつる方を眺むればただ有明の月ぞ残れる 後徳大寺左大臣
Dscf9876 写真は『夏の月』とらやの生菓子です。

今夜の月齢は26.9日、もう細い細い月とそのそばに金星が光るはずです。

ですから、有明の月……というわけにはいかないでしょうが、
さきほど、どこかでホトトギスの「トウキョウトッキョキョカキョク」というような鳴き声が聞こえました。
まだ自然の多い多摩地区ですのでホトトギスもどこかに生育しているのでしょう。

古典の世界では、ホトトギスの鳴き声を聞く、すなわち五月の訪れです。
本日5月26日(月)は旧暦4月28日、たしかにもうすぐ旧暦5月です。
京都とは多少時差があるとは思いますが、存外、旧暦通りに季節はうつろうこともあるようです。

現在の暦では五月ももう終わりですが。
A
『小倉擬(なぞらえ)百人一首』 広重
上の後徳大寺大臣は少し上向き。やはりホトトギスの声が聞こえた方角を眺めているのでしょう。下の擬えの趣向は「高橋弥十郎」「妻さつき」というところから歌舞伎の『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』。雲間の月の前を横切るほととぎす、足下には水辺に咲くカキツバタ。妻の名の「さつき」と響き合い、五月のもの尽くしとなっています。

澤辺に咲る紫ハ、文箱の紐の朱を奪ひ、利口の邦家を覆す。姦臣を除く秘密の文章、彼所へ流して遣水の、心すゝしき婦夫ハ、声高橋時鳥、我身の皐月と啼ぞわたれる  柳下亭種員筆記

なるほどこのように絵と言葉が対応するのですね。

写真は5月5日(月)の根津美術館庭園のカキツバタですが、ちょっと圧倒的な迫力でしたか。
Sn3g0858


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/03

三が日の食事と甘味と『パティシエの秘密推理』

お正月の縁起物はいろいろありますが、
今年は栗きんとんを食べていませんでした。

立川の駅構内に、銀座甘楽さんのお店がありましたので、
栗菓子を購入。たしか縁起の良い名前がついていたと思うのですがうっかり失念。
このお店は招寿栗(大きな栗の一粒を和風マロングラッセにしたてたもの)もおいしいのですが、
今回はこちら。
Sn3g0646

拙宅の今年のお雑煮は昆布だしにブリと長芋、仕上げに手鞠麩と三つ葉を散らすという
あり合わせです。もう少し見栄えのする盛り方をしておけばよかった(>_<)。
140101_115601a

31日、仕事帰りに寄った三浦屋とイトーヨーカドーではブリが半額でしたので、
天然物と養殖物と両方買って食べ比べ。
やはり、養殖物は脂がのっているし、天然物の身はしゃきっとしています。
朝と昼にそれぞれ塩焼きにして、これまた半額だった紀文の伊達巻きを添えました。元旦は、もうこれでお腹いっぱいです。

おせち料理の黄色、栗きんとんや伊達巻き・卵焼きは金運を象徴するもの。
金運も欲しいのですが、単純にこれらはどれも私の好物ですので、どれか一つは毎年食べます。

そして、2日の夜は、仕事以外の本を手に取り、読みながら寝てしまいました。
研究書を寝る前に読むと寝るどころではなく、仕事になってしまいますので、一晩だけは眠ろうかと。
似鳥鶏氏の作品は『理由あって冬に出る (にわか高校生探偵団の事件簿 1)』などを創元推理文庫で読んでいましたが、言葉の使い方がおもしろいことと、心理描写が魅力的な作家さんです。
そして、「パティシエ……」は幻冬舎で、表紙がアニメーターさん(?)で、主人公はケーキ作りが上手で顔の良い元警部。タイトルからして盛りすぎじゃないかと思いましたが、話は似鳥鶏氏らしい静かな語り口でした。注がついているところに、わざわざ警察用語を勉強したらしい雰囲気が出ています。
戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)』の方はテレビドラマになるようですが、
この表紙を見るとラノベ路線?に走るのでしょうか。
パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から』に話を戻すと、
amazonにケーキがおいしそうに描写されていないというコメントがありましたが、いや十分おいしそうでしたよ。特に気になったのは、ただ一人の人のために作られたモンブラン。

栗きんとんに続いて、モンブランも食べたいなという気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧