« ダウンロードできる平成31年(2019)カレンダー覚書 | トップページ | 平成から令和へ »

2019/01/07

1月7日は人日の節句

五節供(節句)とはつぎの5つ。
1月7日の人日の節供
3月3日の上巳の節供
5月5日の端午の節供
7月7日の七夕の節供
9月9日の重陽の節供

人日の節供とは、古代中国の仙人、東方朔の占書に、正月1日に鶏を占い、2日には狗を占い、3日には羊を占い、4日には猪を占い、5日には牛を占い、6日には馬を占い、7日には人を占うとあることによるといいます。

『事物紀原』(中国の類書)
「東方朔占書曰、歳正月一日占鶏、二日占狗、三日占羊、四日占猪、五日占牛、六日占馬、七日占人、八日占穀、皆晴明温和、為蕃息安泰之候、陰寒惨烈、為疾病衰耗」

また、『荊楚歳時記』に「正月七日為人日、以七種菜為羹、翦綵為人」、七種の菜を羮(あつもの)とするとあります。

日本では、正月初子日(ねのひ)に小松引や若菜摘みをするといった、「子日遊(ねのひのあそび)」、春の野遊びがあり、これと人日の習俗が合わさったものでしょうか。

『国史大辞典』を見ると、つぎのようにあります。

子日遊 ねのひのあそび

 正月の初子(はつね)の日に催された遊宴行事。小松引き・子忌(ねいみ)ともいう。
 『倭訓栞』に「正月初の子日、野辺に出て小松を引きて祝とす、子の日を根延(ねのび)によせて、根ごめにするなるべし、小松も又子松の義に取るなるべし」とある。
 この日山に登り遠く四方を望めば、邪気をはらい憂悩を除くとする中国の風習に拠るとされるが、その根底には、わが国の春の野遊の習俗が存した。
 行事の内容は、小松引きと若菜摘みとがあり、この若菜を長上者に贈り、羹(あつもの)にして長寿を祝った。また、この日、宮中では宴会が行われ、子日宴と称した。

 『続日本紀』天平十五年(七四三)正月壬子(十二日)条に「御石原宮楼(注略)、賜饗於百官及有位人等」とあり、『文徳実録』天安元年(八五七)正月乙丑(二十六日)条に「昔者上旬之中、必有此事、時謂之子日遊也」とみえ、宮中においては、子日の行事は、他の節会などと同様、宴会行事として、奈良時代から催されていた。

七草 ななくさ

 春の七草を入れた七草粥は正月七日に食べる粥。室町時代以後行われる。
 若菜の羹(あつもの)、七草の羹の流れを汲むもので、若菜の儀と同じく万病・邪気を除くとされた。
 「七種之御粥」(『光台一覧』)、「若菜の粥」(『幕朝年中行事歌合』)、「菜粥」(『日次紀事』『日本歳時記』)、「七種菜粥」(『東都歳時記』)などとも呼ぶ。

 粥を煮る前、六日の夜から七日の暁に七草打ちをする。爼板(まないた)に薺(なずな)、または七草を置き、歳徳神(としとくじん)の方に向いて、薪・庖丁・火箸・摺粉木・杓子・銅杓子・菜箸など、台所の七つ道具で爼板を打つ。
 そのとき「唐土(とうど)の鳥が日本の土地へ、渡らぬ先に、なづな七種はやしてほとと」などとトントン拍子をとりながら囃す。江戸では終りのところを逆に「七種なづな」(『近世風俗志』)という。
 この鳥は鬼車鳥、隠飛鳥などいろいろな名で呼ばれ凶鳥とされたので、音をたてて追い払ったのであるが、本来は「鳥追い」で、害鳥を追い払い五穀豊穣を祈る予祝行事が七草粥に結びついたものとみられる。

[参考文献]
『古事類苑』歳時部、山中裕『平安朝の年中行事』(『塙選書』七五)、中村義雄『魔よけとまじない』(『塙新書』五一)

豊国(歌川国貞)「春遊娘七草」(早稲田大学演劇博物館蔵)
A
七草打ち


|

« ダウンロードできる平成31年(2019)カレンダー覚書 | トップページ | 平成から令和へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日は人日の節句:

« ダウンロードできる平成31年(2019)カレンダー覚書 | トップページ | 平成から令和へ »