« 2017年7月とりいそぎ気になる展覧会 | トップページ | 各地で北斎展 »

2017/07/30

怖いけど見たい、見たいけど怖い展覧会

巡るとお得な「芳年」と「地獄」

まだ夏休みを迎えていない、それどころか夏こそ仕事がいっそう忙しいのですが、気になる展示が始まりました。
まずは、月岡芳年。

【芳年を巡る相互割引】
○「月岡芳年 妖怪百物語」
太田記念美術館 
7月29日(土)~8月27日(日),9月1日(金)~9月24日(日) 
今回の図録月岡芳年 妖怪百物語は書籍としても購入できるのがうれしいところ。
行く前に予習できそう。

「魁題百撰相 金吾中納言秀秋」も見られるらしい。
秀秋の背後の幽霊は「あの人」です。
月岡芳年 魁題百撰相 (謎解き浮世絵叢書)

さてもう一つ。
○「歴史×妖×芳年 丹波コレクションの世界Ⅱ」横浜市歴史博物館 
7月29日(土)~8月27日(日) 

芳年を堪能する一方、夏と言えば7月15日の新暦のお盆、8月の月遅れのお盆です。
盆と正月は地獄の釜の蓋が開く時節です。
そうだ、地獄はまだ行くわけに参りませんが、後学のために(覚悟をつけるため?)奈良へ行こう!
こちらはじっくり旅行計画を練りたいところです。
【地獄を廻る相互割引】

○1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」奈良国立博物館
7月15日(土)~9月3日(日) 
源信と言えば往生要集でしょう。

「我と共に往生極楽の縁を結ばん」(源信)。もっと読んでみたくなります。
往生要集を読む (講談社学術文庫)

「地獄」と「極楽」を対立するものとする概念は、インド思想や一般仏教にはなく、日本独自のものである。日本人の宗教観の基層ともいえるのその考え方が日本に定着するのには、平安時代中期の僧・源信が著した『往生要集』の影響をぬきに語ることはできない。

そういえば、先日東京国立博物館でも地獄、もとい十王像を見ました。
Dsc04622

そして、地獄でつながるのは
○「地獄絵ワンダーランド」三井記念美術館 
7月15日(土)~9月3日(日) 
アートアクアリウムの半券でも割引だそうです。

地獄に金魚はよく似合う。
いえ、夏らしく団扇を持って出かけたいところ。
歌川国芳「夏商人見立五行・金」こちらは東京国立博物館で見られます。
Dsc04696_a
なるほど、「金」(金魚・金棒)つながりかもしれません。


|
|

« 2017年7月とりいそぎ気になる展覧会 | トップページ | 各地で北斎展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/65596634

この記事へのトラックバック一覧です: 怖いけど見たい、見たいけど怖い展覧会:

« 2017年7月とりいそぎ気になる展覧会 | トップページ | 各地で北斎展 »