« 2017年5月 | トップページ | 2017年9月 »

2017/07/31

各地で北斎展

各地だけじゃない、各国で北斎展。

○British Museum
" Hokusai beyond the Great Wave" 
25 May – 13 August 2017
 動画(YouTube)で立体感あふれる絵を見ることができます。
 ※リンク先で音声が出ます。

これは、日本に里帰りして大阪で展覧会が行われます。

あべのハルカス美術館
大英博物館 国際共同プロジェクト
北斎-富士を超えて
2017年 10月6日(金) ~11月19日(日)

一方、オーストラリアでも北斎展が。
○NATIONAL GALLERY OF VICTORIA
THE POWER OF THE OCEAN: HOKUSAI’S GREAT WAVE
21 JUL 17 – 15 OCT 17
映像を見ると、
NGV's Senior Conservator of Pape の Ruth Shervingtonさん、とってもにこやかに北斎を語ってくれます。

日本では、
すみだ北斎美術館
開館記念展Ⅳ「北斎×富士 ~冨嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~」
2017年6月27日(火) 〜 8月20日(日)
都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
江戸東京博物館とは半券提示で割引有り。
郵政博物館で、すみだ北斎美術館の常設展または企画展の半券提示で⇒一回のみ無料で入館とのこと。

MOA美術館
夏休みコレクション展 北斎「冨嶽三十六景」
2017年7月21日(金)~8月29日(火)

本展では、夏休みにあわせ子どもから大人まで親しまれている「冨嶽三十六景」全46図を一挙に公開します。世界に誇る北斎の傑作をご家族でご鑑賞ください。

熱海で北斎というのもすてきです。

信州小布施北斎館
特別展「富士に挑んだ北斎」
2017年7月1日(土)~8月28日(月)
JR長野駅前「善光寺口」から長野電鉄「小布施駅下車」徒歩12分

地図を見ると旅行に行きたくなります。

和泉市久保惣記念美術館
常設展「北斎の富士―冨嶽三十六景と東海道―」
2017年8月5日(土)~9月24日(日)

太田記念美術館
葛飾北斎 冨嶽三十六景 ~奇想のカラクリ
2017年9月30日(土)~10月29日(日)
JR山手線 原宿駅表参道口より徒歩5分

本でざっくり見るなら『北斎決定版 (別冊太陽 日本のこころ)』これでしょうか。

北斎に関する基本文献『葛飾北斎伝 (岩波文庫)』も見逃せません。

見てから読むか、読んでから見るか。
悩ましいところです。
まずはお仕事お仕事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/07/30

怖いけど見たい、見たいけど怖い展覧会

巡るとお得な「芳年」と「地獄」

まだ夏休みを迎えていない、それどころか夏こそ仕事がいっそう忙しいのですが、気になる展示が始まりました。
まずは、月岡芳年。

【芳年を巡る相互割引】
○「月岡芳年 妖怪百物語」
太田記念美術館 
7月29日(土)~8月27日(日),9月1日(金)~9月24日(日) 
今回の図録月岡芳年 妖怪百物語は書籍としても購入できるのがうれしいところ。
行く前に予習できそう。

「魁題百撰相 金吾中納言秀秋」も見られるらしい。
秀秋の背後の幽霊は「あの人」です。
月岡芳年 魁題百撰相 (謎解き浮世絵叢書)

さてもう一つ。
○「歴史×妖×芳年 丹波コレクションの世界Ⅱ」横浜市歴史博物館 
7月29日(土)~8月27日(日) 

芳年を堪能する一方、夏と言えば7月15日の新暦のお盆、8月の月遅れのお盆です。
盆と正月は地獄の釜の蓋が開く時節です。
そうだ、地獄はまだ行くわけに参りませんが、後学のために(覚悟をつけるため?)奈良へ行こう!
こちらはじっくり旅行計画を練りたいところです。
【地獄を廻る相互割引】

○1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」奈良国立博物館
7月15日(土)~9月3日(日) 
源信と言えば往生要集でしょう。

「我と共に往生極楽の縁を結ばん」(源信)。もっと読んでみたくなります。
往生要集を読む (講談社学術文庫)

「地獄」と「極楽」を対立するものとする概念は、インド思想や一般仏教にはなく、日本独自のものである。日本人の宗教観の基層ともいえるのその考え方が日本に定着するのには、平安時代中期の僧・源信が著した『往生要集』の影響をぬきに語ることはできない。

そういえば、先日東京国立博物館でも地獄、もとい十王像を見ました。
Dsc04622

そして、地獄でつながるのは
○「地獄絵ワンダーランド」三井記念美術館 
7月15日(土)~9月3日(日) 
アートアクアリウムの半券でも割引だそうです。

地獄に金魚はよく似合う。
いえ、夏らしく団扇を持って出かけたいところ。
歌川国芳「夏商人見立五行・金」こちらは東京国立博物館で見られます。
Dsc04696_a
なるほど、「金」(金魚・金棒)つながりかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/07/01

2017年7月とりいそぎ気になる展覧会

いよいよ7月。
今年も半分が過ぎてしまいました。
まずはとりいそぎ。

○はじめての古美術鑑賞―紙の装飾
2017年5月25日~7月2日根津美術館(東京・表参道)

○ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
2017年4月18日~7月2日東京都美術館(東京・上野)

○MAKI-E 蒔絵・美の万華鏡展
2017年4月1日~7月2日東京富士美術館(東京・八王子)

○神の宝の玉手箱
2017年5月31日~7月17日サントリー美術館(東京・六本木)

○水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟
2017年6月10日~7月17日出光美術館(東京・日比谷)

○3施設連携展示[YOKOHAMA 地図三昧(ざんまい)]
2017年4月26日~7月17日横浜開港資料館(神奈川・日本大通り)

○横浜・地図にない場所~消えたものから見えてくる、ハマの近代
2017年4月26日~7月17日横浜開港資料館(神奈川・日本大通り)

○大江戸クルージング
2017年7月1日~7月23日太田記念美術館(東京・原宿)

○戦争・版に刻む記憶
2017年6月24日~7月23日町田市立国際版画美術館(東京・町田)

○夏の優品展―料紙のよそおい
2017年6月24日~7月30日五島美術館(東京・上野毛)

○黒川古文化研究所+泉屋博古館連携企画特別展 「名刀礼賛―もののふ達の美学」
2017年6月1日~8月4日泉屋博古館分館(東京・六本木一丁目)

○ナマズが暴れた!?安政の大地震展?大災害の過去・現在・未来
2017年4月19日~8月6日東洋文庫ミュージアム(東京・巣鴨)

○江戸の博物学
2017年6月25日~8月7日静嘉堂文庫美術館(東京・二子玉川)

○パンと昭和
2017年4月1日~8月27日昭和のくらし博物館(東京・久が原)

○館蔵 中国の工芸
2017年5月23日~9月23日松岡美術館(東京・目黒)

○アルチンボルド展
2017年6月20日~9月24日国立西洋美術館(東京・上野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年5月 | トップページ | 2017年9月 »