« 端午の節句で | トップページ | 9月の展覧会 関東編 »

2015/05/17

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」

P_20150516_165125_hdr特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」

東京国立博物館 表慶館   2015年3月17日(火) ~ 2015年5月17日(日)

17で最終日となる、東京国立博物館の「インドのイム」展。
「仏」がどうしても「イム」と見えてならない。
そして、ある種の人々(みうらじゅん氏・いとうせいこう氏をはじめとする仏像マニア)を惹きつける展覧会を見てきました。

平成館の外で60分、甲巻コーナーの前で120分などという、「鳥獣戯画展」の行列を横目に、こちらはゆっくりと拝観することができました。

KolkataのIndian Museumの仏像が見られる貴重な展覧会です。コルカタってどこ?と、思いましたら、旧カルカッタとのこと。

かつては英語圏では英語化された音でカルカッタ (Calcutta) と呼ばれた。元の名前はカリカタで古い文献にもそのように記されている。コルカタと言う呼称は現地の言葉であるベンガル語での呼称で、カルカッタにあたる発音とは無縁であった。2001年には正式にコルカタに変えられたが、世界では英語綴りがまだ使われている。 wikipediaより

日本の仏像はどんどん、平らな顔で無表情になっていくような気がしますが、インドの仏像はとても表情豊かです。
体格からして違います。

会場では、地域ごとの仏像や資料の特色が紹介され、わかりやすい解説がついています。
そして、なによりうれしいのは、背面にも顔が彫られている、複数面の仏像の場合は、しっかり後ろから見ることができるように配置されていること。
像はやはり、前からだけではなく後ろ姿も見たいもの、これは興味深い。

仏像だけではなく貝葉経である「八千頌般若波羅蜜多経」(11世紀頃)も展示されています。
インドの貝葉経の実物を初めて見ることができました。

さて、今回は実に濃いグッズ展開をしています。
貝葉経のばんそうこうとか、前売り券とセットで販売されていた「インドの仏」カレー。
購入してみました。おいしいといいな。

おあつらえ向きに外にはカレーのワゴンが出ていました。
こういう方向性でいいの?と思いつつもおいしくいただきました。

P_20150516_164630_hdr

本館の正面にあるユリノキの花が、盛りでした。
この木に花が咲いているところを初めて見ました。

ユリノキ(百合の木、学名: Liriodendron tulipifera[1])は、モクレン科ユリノキ属の落葉高木である。
種小名 tulipifera は「チューリップ(のような花)をつける」の意。
別名にハンテンボク(半纏木; 葉の形が半纏に似ることから)、レンゲボク(蓮華木; 花が蓮の花を思わせることから)、チューリップツリー(同じく花がチューリップを思わせることから。種小名と同じ発想)などとも呼ぶ。 wikipediaより

たしかに、これは、チューリップかも。 
P_20150516_172634_hdra


|
|

« 端午の節句で | トップページ | 9月の展覧会 関東編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/61600274

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」:

« 端午の節句で | トップページ | 9月の展覧会 関東編 »