« 寒露に満月、皆既月食 | トップページ | 夜の江戸東京たてもの園 »

慶應義塾の王朝物語:源氏物語を中心として

第26回慶應義塾図書館貴重書展示会
「慶應義塾の王朝物語:源氏物語を中心として」

会期:2014年10月22日(水)~10月28日(火)
会場:丸善・日本橋店3階ギャラリー 
9:30~20:30  最終日17:00閉場 入場無料

仕事帰りに日本橋丸善へ。
眼福のひとときが味わえました。
Ipad_001a

今回の展示品は全38点で、慶應義塾図書館の貴重書のかずかずとのこと。

うれしいことに、無料ですから学生さんにも安心して勧められます。
でも、1,000円の図録はぜひとも購入したい。
丁寧な解説と、何と言っても巻末に展示品の「表紙一覧」(オールカラー)があります。


鎌倉中期写の『後拾遺和歌集』、鎌倉末期写の『紫明抄』などは思わず残っていてくれてありがとう、と言いたくなるような品です。
そして、あまりのかわいらしさに欲しくなってしまう 特小の奈良絵本『源氏物語』(抄出)
絵と文があるのに胸ポケットに入りそうなサイズです。

土日には斯道文庫佐々木孝浩先生によるギャラリートークがありますが、これは混みそうですね。
夜8時半まで開いているので、まずはまだすいているときに見ておきたいところです。
そして、会場には連日佐々木先生がいらっしゃって次から次へとその場にいる人の質問に答えてくれたり、解説をしてくださいます。
ありがたい反面、佐々木先生の体力が心配(^_^;)

丸善日本橋店の3Fギャラリーの隣は早矢仕ライスで有名なカフェがあります。
ゆったり展示を見て、カフェで余韻を味わいたいところです。

会場のレジ横には、『図説書誌学―古典籍を学ぶ』も置いてありました。これもいい本です。
また、『書物学』に佐々木先生の連載がありますが、これも必見です。
ワタシなど佐々木先生のあふれんばかりの書物愛にいつも平伏するばかりです。

|
|

« 寒露に満月、皆既月食 | トップページ | 夜の江戸東京たてもの園 »

「展覧会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/60533217

この記事へのトラックバック一覧です: 慶應義塾の王朝物語:源氏物語を中心として:

« 寒露に満月、皆既月食 | トップページ | 夜の江戸東京たてもの園 »