« 2014年5月 | トップページ | 2014年10月 »

「流行をつくる―三越と鴎外―」展 文京区立森鴎外記念館

東洋大学に行ったついでに、森鴎外記念館に行きました。

長らく白山に通っていたのですが、実はここに来るのは初めてです。地図では見ていたのですが、なかなか行く機会がなくて。
いつの間にやらモダンな建物が建っていました。

2012(平成24)年11月1日、「文京区立森鴎外記念館」として開館しました。

とのこと。

現在の展示は「流行をつくる―三越と鴎外―」展

会期 2014年9月13日(土)~11月24日(月・祝)
※会期中の休館日 9月24日(水)、10月28日(火)
会場 文京区立森鴎外記念館
開館時間 10時~18時(最終入館17時半) 
       ※9月中の金曜日、11月15日(土)、16日は20時まで(最終入館19時半)
観覧料 一般500円(20名以上の団体:400円)

おもしろいことに、図録は赤表紙本と青表紙本の2種類あります。
「これはどう違うんですか?」
「表紙の色が違います」
「確かに」
「買い物の楽しみって迷うところにありますよね」と学芸員のお姉さんはにっこり。
「両方買いたくなりますね」
「そういう方もいらっしゃいますよ」

とりあえず青表紙を選んでみました。

三越というと、ついつい駿河町の三越の絵が思い浮かびますが、近代の三越を知るのにちょうどよい展示です。

展示のほかに、映像コーナーがあって、鴎外や、観潮楼について説明しています。
ビデオを見ていて吹きだしてしまったのは、
鴎外の次女、小堀杏奴の資料です。

つるつるつるつるはげ頭
 パパの頭ははげ頭
 蠅よ蠅よすべらない様に
 用心しろ

これは、世田谷文学館で紹介されています。

鴎外記念館を出て、あめ細工吉原に寄って帰りました。
時間があれば、目の前であめ細工を作ってくれます。
茶トラの伸びをお願いしました。
Dsc00701
ミニハートあめぴょん
Dsc00705
ハロウィンなのでおばけ
Dsc00706
坂道が多い谷根千歩き。今度来るときはしっかり予習してこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年10月 »