« 文字の力・書のチカラII  ―書と絵画の対話 | トップページ | 曼荼羅展 宇宙は神仏で充満する! »

2013/08/26

アーサー王の墓所の夢

最近、アーサー王ものをよく見かけます。
イギリスBBCの魔術師マーリン The Adventures of Merlin 

アメリカ・カナダ・アイルランドのキャメロット~禁断の王城~

『Fate/Zero』 のセイバーとか
あ、違うのも混じってしまった。

さて、そんなことで手にしてしまったのが、
この『アーサー王の墓所の夢』 (創元推理文庫) アリアナ・フランクリン。

町ごと大火で焼失したグラストンベリー大修道院の墓地から、国王ヘンリー二世の命により掘り出された二体の人骨。それは伝説のアーサー王とその妃のものなのか?住み慣れた町を追われた女医アデリアは王に依頼され、供を連れ骨の鑑定に赴くが、途中まで一緒だった友人エマの一行は消息を絶ち、目的地でも数々の危難が待ち受ける…。CWA最優秀歴史ミステリ賞シリーズ第三弾。

とあるように、シリーズものの第3作です。

時代設定は12世紀イギリス。ヘンリー2世が内乱を切り抜け、イギリスにコモン・ローを整えつつあった時代。カンタベリー大司教のトマス・ベケット殺害事件の影響がまだ残るころです。

修道士カドフェルシリーズは12世前半のスティーブン王とマティルダ女王の内乱時代を舞台としていましたが、この作品はそのマティルダの息子でプランタジネット朝の初代にあたるヘンリー2世の時代です。

そして、主人公はサレルノ大学で医学を学んだ女医アデリアということで、歴史ミステリーとロマンスの物語になっています。
アデリアは貴族の奥様に収まるのがいやでシングルマザーとなったものの、まだ恋人に未練というか、思いが残っていて……。
そう。読み終わった後、なんだかハーレクイン・ヒストリカルを読んだような気分になります。
結局はヘンリー2世がおいしいところを持って行くのでまあよしかなと。

世界史を思い出しつつ、観光ガイドを見るとけっこうはまりそうです。
グラストンベリー・トー
Glastonbury Abbey

|
|

« 文字の力・書のチカラII  ―書と絵画の対話 | トップページ | 曼荼羅展 宇宙は神仏で充満する! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/58066159

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー王の墓所の夢:

« 文字の力・書のチカラII  ―書と絵画の対話 | トップページ | 曼荼羅展 宇宙は神仏で充満する! »