« アーサー王の墓所の夢 | トップページ | 仲秋の名月・書陵部・国立公文書館・国立近代美術館 竹内栖鳳展 近代日本画の巨人 »

2013/08/31

曼荼羅展 宇宙は神仏で充満する!

根津美術館 コレクション展 「曼荼羅展 宇宙は神仏で充満する!」
2013年7月27日(土)~9月1日(日)

すごいタイトルの展覧会です。
そして、タイトルだけではなく、確かに宇宙がそこにはありました。
曼荼羅は仏教による世界観を表している……程度の知識しかないのですが、
そこには、人間がいかに世界を理解しようとしているか、その挑戦の軌跡のようにも見えてきました。
そして、今回の品は平安時代から室町時代に至る品々です。
よくぞここまで残ってくださった、ありがたやありがたやと拝みたいような展覧会です。

構成は次のようになっています。
展示室1 密教の絵画と工芸
展示室2 浄土曼荼羅
      垂迹曼荼羅
展示室3・ホール・地階 仏教彫刻の魅力

今回、気になったのはその表装です。それぞれ豪華な金襴の裂(きれ)を使っているのですが、三鈷の模様がふんだんに使われています。この金襴の豪華なこと!曼荼羅自体がわりあい豪華なのですが、表装の豪華さも負けてはいません。仏教用語に「荘厳する」(仏像や仏堂を美しく厳かに飾ること)という言葉がありますが、まさにその通り荘厳です。

そして、仏に何を祈るのか。その願いによって描かれる図像が異なります。
例えば、愛染明王が左手に日輪を持つなら、息災法。珠なら増益法。独鈷杵は調伏法。蓮は敬愛法、などとその修法によって異なるというのです。
「月輪の左右上方に後醍醐天皇(在位1318〜39)の宸筆(しんぴつ)と伝える偈文(げもん)が墨書される」愛染明王座像の左手には宝珠。後醍醐天皇は何を願ったのでしょう。
日本国語大辞典には次のようにありますが、さて。

増益法:密教の四種修法、および五種修法の一つ。寿命、福楽、栄官など功徳円満を祈る秘法。

基本的に1階が曼荼羅展です。
冷房が効いていて涼しい館内ですが、1,000年近くもの間、実際に祈りの対象となっていた絵や像を見ていると圧倒されます。
そこで、一息ついて2階の展示室へ。
こちらはある意味とても涼しい展示です。

展示室4 古代中国の青銅器
展示室5 茶席の主・釜
展示室6 盛夏の朝茶事
特別ケース 宝飾時計

これでもかこれでもかと装飾された青銅器。

中国古代の装飾文様の一つ。主として殷・周の青銅器を飾る怪獣文。大きな口、ひろく見開かれた両眼、巨大な双角をもつ獣面を中心に左右相称に配した胴部を基本とした図形で、変化に富む。呪術的な意味内容をもつものと考えられている。

ここにも何かはわからないけれど、何らかの祈りや願いが込められています。
こちらは紀元前13~12世紀。いや、もう圧倒されます。

そこで、茶席の室礼(しつらい)を見て気を静めます。
庭園内のNEZUCAFEで一休みしたいところですが、ここは今日も混んでいたので、外に出て手持ちのペットボトルのお茶で一息。

さて、ホームページを見るといつの間にか、携帯アプリ(スマホ・タブレット対応)ができていました。
iPadに入れてみるとじわーっと展示物が動きます。
ぼんやり見るのも、目を皿のようにして見るのも良し。

今回の展示図録はありませんが、『根津美術館蔵 密教絵画 鑑賞の手引き』(2013年新刊)に密教絵画20点が載っています。
美術史としてみるならこちらでしょうか。
密教美術というなら『密教の美術―修法成就にこたえる仏たち (仏教美術を極める)』かな。


|
|

« アーサー王の墓所の夢 | トップページ | 仲秋の名月・書陵部・国立公文書館・国立近代美術館 竹内栖鳳展 近代日本画の巨人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/58103234

この記事へのトラックバック一覧です: 曼荼羅展 宇宙は神仏で充満する!:

« アーサー王の墓所の夢 | トップページ | 仲秋の名月・書陵部・国立公文書館・国立近代美術館 竹内栖鳳展 近代日本画の巨人 »