« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/19

奇跡のクラーク・コレクション

奇跡のクラーク・コレクション―ルノワールとフランス絵画の傑作
2013年2月9日(土)~5月26日(日)
三菱一号館美術館
Img

ポスターやチケットには「クラ/コレ」と略称されています。表だって略称が使われるのは珍しいですが、確かに言いやすい。

クラーク美術館は米国マサチューセッツ州ウィリアムズタウンにあるそうですが、正直なかなか行きづらそうな気がします。しかし、図録に記されたクラーク美術館の館長のメッセージを読むとかえって行ってみたいような気になりました。
「クラーク美術館は、美術館と視覚芸術の研究・高等教育センターという、二つの異なる側面を持つ世界でも珍しい研究所」
「マサチューセッツ州西部、バークシャー地方の森林140エーカーの敷地に、膨大なライブラリー」
「優れたアイディアを育む温室」

”コレクションと研究・教育の場”これは魅力的です。

そして今回は”ルノワールとフランス絵画の傑作”です。
ですので、図録の巻末に、描かれた場所を示すフランス地図まであります。
ノルマンディー地方は特に拡大して説明。
ディエップ、ルーアン、エトルタ。
『奇巌城』の舞台です。
クロード・モネの「エトルタの断崖」
イジドール・ボートルレ少年(青年?)とルパンとの知恵比べを彷彿とさせます。
ちょっと脱線。クラーク・コレクションとルパンには何の関係もありません。ただの私の妄想です。

さてもう一つ。
アルフレッド・ステヴァンスの「公爵夫人(青いドレス)」
背景に日本の物と思われる屏風が描かれています。落款があるようなのですが、よく見えません。
1866年頃の作。日本では慶応2年です。

そして、ルノワールの「モネ夫人の肖像(読書するクロード・モネ夫人)」
青い壁に飾られているのは団扇。団扇がこんなオシャレに飾られるとは。
これは1874年頃の作。日本では明治7年。

いろいろ楽しめる作品が並んでいます。
この展覧会は5月26日(日)まで。

このあとは兵庫県立美術館に巡回するそうです。
2013年6月8日(土)―9月1日(日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013/05/17

土佐光吉没後400年記念 源氏絵と伊勢絵 ―描かれた恋物語

土佐光吉没後400年記念 源氏絵と伊勢絵 ―描かれた恋物語

2013年4月6日(土)~5月19日(日)
出光美術館(東京・丸の内)

昨夜も楽しい午前様。ということで、終電で帰宅する生活にもだいぶん慣れて(?)きました。
4時に寝て8時に起きて、9時から5時まで働いて、さて丸の内の出光美術館へ。

出光美術館は金曜日は7時まで開館。6時半までに入れば30分だけでも見られます。
6時に入ってのんびり1時間を過ごしてきました。
ここは、わりとゆったりとした展示を行うところです。
出品リストには46点あります。
入れ替えもありますが、のんびり見るには手頃な点数。

でも、今回は屏風に源氏絵が散らされていますので、
1点でも濃密です。

「土佐光吉没後400年記念」ですので土佐派絵画。
そして、源氏に伊勢とくれば、当然の如く岩佐又兵衛・俵屋宗達が見られます。
室町から江戸初期の源氏絵・伊勢絵を堪能する場ということです。

最近、浮世絵や国学資料・蔵書印ばかり見ていたので、たしか本来の専門だったはずの江戸初期にひさしぶりに浸れます。

6日で終わりかとはらはらしていた久保惣記念美術館の『源氏物語手鑑』、なんとか見ることが出来ました。
絵も良いですが、これは詞書も美しい。
今日、持ち帰りたい1点を選ぶならこれかな、と思っていましたら、ミュージアムショップに『和泉市久保惣記念美術館 源氏物語手鑑研究』(1992)がありました。
これはうれしい。
久保惣は気になる美術館なのですが、日々の労働にいそしむ身ではどうも行きづらい。

今夜のお楽しみができました。Photo
写真は出光美術館から見た夕暮れの皇居。色紙に描かれた雲のように、または切り継ぎされたようにすーっとたなびいていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013/05/02

二重の虹

京都に行きましたが、あいにくの天気雨。
雨が降ったりやんだり不安定です。
が、空を見上げると、虹が、二重になっていました。
2


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/05/01

5月 気になる展覧会

さあ、5月です。

○奇跡のクラーク・コレクション ― ルノワールとフランス絵画の傑作
 2月9日~5月26日三菱一号館美術館(東京/二重橋前)

○ラファエロ Raffaello
 3月2日~6月2日国立西洋美術館(東京/上野)

○江戸東京博物館開館20周年記念 2013年NHK大河ドラマ特別展「八重の桜」
 3月12日~5月6日江戸東京博物館(東京/両国)

◇特別展覧会 狩野山楽・山雪
 3月30日~5月12日京都国立博物館(京都)

◇ボストン美術館 日本美術の至宝
 4月2日~6月16日大阪市立美術館(大阪/天王寺)

○藝大コレクション展―春の名品選―
 4月5日~5月6日東京芸術大学大学美術館(東京/上野)

○土佐光吉没後400年記念 源氏絵と伊勢絵 ―描かれた恋物語
 4月6日~5月19日出光美術館(東京/日比谷)

◇「とら・虎・トラ 」展
 4月6日~5月19日西宮市大谷記念美術館(兵庫/香櫨園)

○館蔵品展「大倉コレクションの精華Ⅰ―中世・近世の絵画―」
 4月6日~5月26日大倉集古館(東京/六本木一丁目)

○【特別展】百花繚乱 ―花言葉・花図鑑―
 4月6日~6月2日山種美術館(東京/恵比寿)

○特別展「国宝 大神社展」
 4月9日~6月2日東京国立博物館(東京/上野)

○「もののあはれ」と日本の美
 4月17日~6月16日/サントリー美術館(東京/六本木)

○コレクション展 国宝燕子花図屏風 -〈琳派〉の競演-
 4月20日~5月19日根津美術館(東京/表参道)

○特別展 河鍋暁斎の能・狂言画
 4月20日~6月16日/三井記念美術館(東京/三越前)

○レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像
 4月23日~6月30日東京都美術館(東京/上野)

○フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展
 4月24日~7月15日国立新美術館(東京/乃木坂)

○ プーシキン美術館展 フランス絵画300年
 4月26日~6月23日愛知県美術館(愛知/栄)

○「江戸の華浮世絵と両国回向院展」
 4月27日~5月19日回向院(東京/両国)

○現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス展
 4月27日~6月16日bunkamura ザ・ミュージアム(東京/渋谷)

○特別展 北斎と暁斎―奇想の漫画
 4月27日~6月26日太田記念美術館(東京/原宿)

○特別展「鳥居清長名品展」
 5月4日~5月8日回向院(東京/両国)

○平成24年度 受託研究「絵画用紙の諸相とその発揮について」成果発表 紙本の絵画展
 5月9日~5月18日東京芸術大学大学美術館(東京/上野)

○夏目漱石の美術世界展
 5月14日~7月7日東京芸術大学大学美術館(東京/上野)

○江戸東京博物館開館20周年記念 ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡
 5月21日~7月15日江戸東京博物館(東京/両国)

○やきものに親しむX 古染付と祥端 ―日本人の愛した〈青〉の茶陶
 5月25日~6月30日出光美術館(東京/日比谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »