« 太田記念美術館「江戸の女子力」 | トップページ | 5月 気になる展覧会 »

2013/04/21

江戸東京たてもの園 特別展「たてもの園と建築家たち」

江戸東京たてもの園 特別展「たてもの園と建築家たち」

会期:平成25年1月17日(木)~ 5月6日(月・休)
会場:江戸東京たてもの園 ビジターセンター内 展示室
主催:東京都 江戸東京たてもの園
後援:(一社)日本建築学会(社)日本建築家協会

今日は寒い1日でした。とはいえ、連日ひきこもりでは明日から動けなくなりそうですので、江戸東京たてもの園へ出かけてみました。そろそろ藤の花が咲いているはずです。
Sn3g0458

しかし残念ながら、小金井公園の藤棚はまだ咲き始めたばかりでした。
そこで、昨日オープンしたデ・ラランデ邸へ行ってみました。
たてもの園の入場料は大人は400円です。
ところが、本日は家族ふれあいの日。

毎月第3土曜日と、それに連続する日曜日(家族ふれあいの日)は、都内在住で18歳未満の子を同伴する保護者は観覧料が半額です。

しまった。一人で来てしまいました。それはまあよしとして。

まず、ビジターセンターで暖まりつつ、「たてもの園と建築家たち」
堀口捨己による「小出邸」、三井道男による「田園調布の家(大川邸)」、前川國男の自邸である「前川國男邸」の図面・写真などが見られます。前川邸の模型などもあります。白い紙に鉛筆で線引きしている図面や、今となっては懐かしい青写真(青地のコピー)もあります。

おもしろかったのは、前川國男の資料の中に、池田亀鑑『古典文学論』があることです。
前川國男という人は、おそらく思いついたらすぐそばにある本にメモ書きする習性があったのでしょう。
『古典文学論』の表紙に庭の植栽図が描かれていました。万年筆(ペン)で描かれたものでしょうか。
ほかにも数冊メモ書きの犠牲となった本が……。( ̄ー ̄)ニヤリ

図面を見てから実際の家を確認すると配置の工夫がよくわかります。
私の場合は、どうしても「どのように本棚を配置するか」がメインとなってしまいますが。

さて、新規オープンのラランデ邸。
Sn3g0461

木立の向こうに洋館っぽい建物が見えてきます。
Sn3g0462
建物は3階建て。
1階で武蔵野茶房が営業しています。
メイド姿のお嬢さんがいらっしゃって「いらっしゃいませ」(ご主人様heart01とは言ってくれませんが)
と迎えてくれます。
ただし、ここは4時で閉店のため、今日は遅すぎました。

また今度ということで、2階に上がります。
階段を上るとそこには主寝室。
Sn3g0463
Sn3g0464
いきなり寝室の写真を撮るのもどうかとは思いましたが、
他の部屋に家具は入っていませんので、まあとりあえず。

寝室を出て、南側の部屋から窓の外をのぞくと、三井家の蔵があります。
このながめはラランデさんも想定していなかったでしょう。
Sn3g0467

そして西には八王子の農家が。
Sn3g0466

この間まで桜ざかりでしたが、もう新緑の時節。
連休の頃には藤もきれいに咲きそろうことでしょう。

|
|

« 太田記念美術館「江戸の女子力」 | トップページ | 5月 気になる展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/57221561

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京たてもの園 特別展「たてもの園と建築家たち」:

« 太田記念美術館「江戸の女子力」 | トップページ | 5月 気になる展覧会 »