« 2013年4月の展覧会 | トップページ | 小金井桜 »

2013/04/02

蔵書印データベース

祝!蔵書印データベース一般公開1周年記念。

蔵書印データベースとは国文学研究資料館が公開している蔵書印のデータベースです。
蔵書印とは、本を所蔵した持ち主が自分の蔵書に押すものです。

例えばこんな印など。Photo_2

本好きの人間は、人の家に行くとついつい書棚をじーっと見てしまいます。その人がどんな本を読むのか。その人らしい本が並んでいるものです。

例えば、江戸川乱歩はどんな本を読んでいたのか。立教大学の乱歩の蔵書など興味深くてわくわくします。
ただ、すべての文庫がきちんと保存されているわけではありません。
散逸した文庫というものもあります。そういうとき、蔵書印からもとの蔵書を探るということもできます。

「蔵書印」に関する書籍もいろいろありますが、国会図書館の電子展示会に「蔵書印の世界」というサイトがあります。

ただし、ここで見られるのは一部の有名人だけです。

例えば、先日買った本に「学古堂」という印が押されていました。
Photo

こういう印を調べるときに、国文学研究資料館の蔵書印データベースで検索すると見つかることがあります。

データベースはなんといってもデータの多さが重要です。
さて、これからデータが増えるともっと昔の人々の蔵書の全容が見えてくるのではないかと楽しみです。

そして、1周年記念でツイッターを始めたというお知らせが来ました。
興味のある方、よければフォローしてみてはいかがでしょう。

蔵書印データベース (国文学研究資料館 電子資料館内サイト)
蔵書印/出版広告 (ツイッター)

Photo_3

|
|

« 2013年4月の展覧会 | トップページ | 小金井桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/57084414

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵書印データベース:

« 2013年4月の展覧会 | トップページ | 小金井桜 »