« 百鬼夜行の世界 | トップページ | 今朝の朝顔 »

2009/08/15

今年の朝顔

遅ればせながら朝顔が咲きました。Morningglory1今年の春は例年以上に慌ただしくて実は種まきできませんでした。
が、昨年の種が落ちていたので梅雨時になってからすくすくと芽を出し、勝手に育ってくれました。
朝6時の段階では、きれいに開いていたのですが、それから2時間経つと、もうしぼみ始めています。Morningglory_001a
この花は数年前にいただいた「ヘブンリー・ブルー Heavenly blue」(西洋朝顔)の世代を経たものです。やたら蔓が伸びるのですが、咲き始めると次々に開花します。

江戸時代に流行した変わり朝顔などのように、きちんと仕上げたいところですがなかなかそうもいきません。やはり天国のように一面に咲かせる方がよいのかもしれません。
さて、変わり朝顔といえば、国立歴史民俗博物館の毎年恒例「伝統の朝顔」が魅力的です。

また、九州大学では、朝顔の研究を行っています。こちらで見ると、もうちょっと見には朝顔に見えない朝顔の数々が。
江戸時代の園芸ならこちらの本がおもしろいかも。
そういえば、源氏物語にも朝顔が出てきました。芭蕉なら「朝顔にわれは食(めし)くふおとこ哉」、千代女の「朝顔につるべとられてもらひ水」はもう有名です。
最近新刊が出た畠中恵「しゃばけ」シリーズの『うそうそ』は朝顔の話でした。
このシリーズ、文庫本も出ていますが、単行本の方はカバーをめくっても趣向ある装訂になっています。こういう本を見ると、本作りの楽しさをしみじみと感じます。できれば、単行本をどうぞめくってご覧になってはいかがでしょうか。あまり店頭でがんばりすぎると不審者になってしまいますが。

|
|

« 百鬼夜行の世界 | トップページ | 今朝の朝顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/45930679

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の朝顔:

« 百鬼夜行の世界 | トップページ | 今朝の朝顔 »