« 奇想の王国 だまし絵展 | トップページ | 2009年7月の展覧会 »

2009/06/19

2009年は記念の年

書店で『端正・格調高い文章を味わう  中島敦』という本を見つけました。

手に取ると軽い!作品数の割りに安い!『別冊宝島』のシリーズにこんな文学モノがあったとは不明にして知りませんでした。帯に「生誕100年特別企画」とあります。

折しも、今日は桜桃忌。
三鷹や青森では太宰治を顕彰しています。そういえば、あちらも生誕100年記念。今年は「生誕100年記念」という言葉をよく聞きます。

この本の解説の郷原宏氏の文中に、以下のような一文がありました。

明治四十二年は文学者の「当たり年」で、中島敦のほかに、太宰治、大岡昇平、松本清張、花田清輝、津村信夫、菱山修三など、幾多の作家や詩人が生まれた。

なるほど。
中島敦は明治42年(1909)の5月5日生まれ。
太宰治は6月19日生まれ。
大岡昇平は3月6日、松本清張は12月21日。

二葉亭四迷が5月10日に亡くなっています。
伊藤博文が暗殺されたのは10月26日。

明治42年(1909)から100年。ずいぶん世の中は変わったものです(見てきたたわけではありませんが)。

また、記念の話をほかにも聞いたような気がします。江戸東京博物館では
特集 「 荷風と江戸、荷風と東京 」 展を開催しています。
今週末、6月21日(日)までです。
2009年は、文豪・永井荷風の生誕130年、没後50年ということです。

そういえば、芭蕉でも何か聞いたような……。
あああ。『おくのほそ道』320年記念でした。
各地でイベントがあるようです。
東京では出光美術館で9月に展覧会があります。

|
|

« 奇想の王国 だまし絵展 | トップページ | 2009年7月の展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/45392336

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年は記念の年:

« 奇想の王国 だまし絵展 | トップページ | 2009年7月の展覧会 »