« シルクロード 文字を辿って―ロシア探検隊収集の文物 | トップページ | 禁裏本と古典学 »

2009/04/19

ロシア・サンクトペテルブルク2

先年、東京都美術館で国立ロシア美術館展を見ました。
そして、先月、国立ロシア美術館に実際に行きました。
Gazou_252美術館の前の公園にはプーシキンの像があります。
が、その頭は鳩の憩いの場となっているようで、ずーっと鳩がプーシキンの頭に乗りっぱなしです。
帰りに見たときに、鳩がいない!と思って近づくと
バサバサバサ…やはり鳩は帰ってきます。
今度は手の上。
Gazou_327
ロシア人のみならず鳩にも愛されるプーシキン。。。

さて、美術館へ。
ここは、もともとが宮殿です。立派な門です。
Gazou_255


さて、日本で見た絵にロシアで再会できるのはとてもうれしいものです。
が、大きな違いが一つ。
日本で見たときは、よくもまあこんな大きな作品を!と、思ったのですが、
Gazou_287
ミハイロフスキー宮殿の一室は広い上に天井が高い。
Gazou_288
この部屋にこの絵の大きさはとても自然です。

こうしてみると、日本の美術館って小さいことがよ~くわかります。

おりしも、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで『国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア』が行われています。こちらはどうでしょう?楽しみです。

|
|

« シルクロード 文字を辿って―ロシア探検隊収集の文物 | トップページ | 禁裏本と古典学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/44723518

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア・サンクトペテルブルク2:

« シルクロード 文字を辿って―ロシア探検隊収集の文物 | トップページ | 禁裏本と古典学 »