« 明日は名人・クイーン戦 | トップページ | 今日は大寒 »

2008/01/05

小堀遠州 美の出会い展

小堀遠州 美の出会い展
 大名茶人・遠州400年

会期:12月30日(日)~1月14日(祝・日)
会場:松屋銀座8階大催場
Kobori_2

【主催】朝日新聞社
【後援】財団法人小堀遠州顕彰会

昨年末から始まりました小堀遠州展です。
小堀遠州とは1579年(天正7年)近江(長浜)に生まれ、1647年(正保4年)に亡くなった江戸初期の文化人です。本名は政一(正一)。しかしながら、1608年(慶長13年)に徳川家康により遠江守に任ぜられたことから「遠州」とよばれます。
2008年はそれからちょうど400年の年、ということで今回の展示では、「遠州との美の出会い」をテーマに優品150点が展観されています。

茶道の展示の場合、道具ばかりが並ぶことが多いのですけれど、思ったよりも多くの書が展示されていておもしろいものです。というのも、今回は「出会い」がテーマですので、遠州の交流圏に関する資料も出てきます。
それに、小堀遠州といえば、定家樣の字を書くことでも有名です。冷泉家の定家樣とはまた異なる書もたいへん興味深いものです。
また、翻字のミスを見つけるのも、展覧会の楽しみのひとつ(?)です。

図録は2300円でした。

この展覧会は巡回します。
2月23日(土)~3月16日(日) 名古屋・松坂屋美術館
3月19日(水)~3月31日(月) 大丸ミュージアム・KOBE

|
|

« 明日は名人・クイーン戦 | トップページ | 今日は大寒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/17584096

この記事へのトラックバック一覧です: 小堀遠州 美の出会い展:

« 明日は名人・クイーン戦 | トップページ | 今日は大寒 »