« Great Ukiyoe Masters/春信、歌麿、北斎、広重 | トップページ | 宍道湖の夕日 »

2007/10/14

墨攻

『墨攻』

中国古代、(春秋)戦国時代。
韓魏趙斉燕楚秦の七つの大国が群雄割拠していた時代です。
一方、この時代は諸子百家の時代でもあります。
戦乱の時代、さまざまな思想家があらわれて国と国の交渉を受け持ったり、参謀・大臣となって国を支える人々が能力を発揮したわけです。

秦の始皇帝によって中国が統一される前。
趙の将軍が、燕へ侵攻する際に国境の城、梁城を落とそうとしていた。
その梁城を救うために、依頼を受けて墨家から一人の男がやってきた。
名は革離。梁城をこの男が救えるのか?

という物語ですが。。。

まずは映画(DVD)。

墨家の革離:アンディ・ラウ
趙の将軍、巷淹中:アン・ソンギ
アンディ・ラウもなかなかしぶいおじさんになってきました。若い頃の『神鳥伝説』を見たのが最初だったせいか、“みょーなにいちゃん”のイメージがありましたが、この映画ではなかなか格好良く見えます。

しかし、やっぱり燻し銀のよさがにじみ出るのが、アン・ソンギですね。

「人が人を殺す異常さ」をとても悩み深く表現していた映画です。

しかし。
昔、読んだ原作と話が違います。革離はむっさいおじさんだったはずだし、恋に悩むなどありえなかったはず。こちらの酒見賢一氏の原作を読んでいると違和感があります。

作品としては、原作の方が淡々とした描写で考えさせられる作品でした。
ただし、「戦争反対」を強く出すなら映画の方でしょう。

この映画は酒見氏の作品を漫画化したものを原作としている作品だったのですね。
ずいぶん、違ったものです。
漫画の方は読んでいませんが、原作と比べてボリュームも増えて、描き方も濃いものになっているようです。
絵がすごいようですねえ。

|
|

« Great Ukiyoe Masters/春信、歌麿、北斎、広重 | トップページ | 宍道湖の夕日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/16753008

この記事へのトラックバック一覧です: 墨攻:

« Great Ukiyoe Masters/春信、歌麿、北斎、広重 | トップページ | 宍道湖の夕日 »