« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/21

マリー・アントワネット

DVDで『マリー・アントワネット』を見ました。

アカデミー賞《衣装デザイン賞》受賞!作品ということで、見たかったのですが、確かに豪華な衣装でした。
いえ、豪華というだけではなく、凝ったといったほうがよいでしょう。

14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユに暮らす孤独な王妃の物語

原作のアントニア・フレイザーの『マリー・アントワネット』も読んでいましたが、なかなか新鮮な驚きを味わうことができる映画です。

音楽が強調するのは、満たされない気持ちでいっぱいのセレブの女の子~というマリー・アントワネットです。
さすがに途中でうんざりしそうになります。
というのも、マリー・アントワネットのうんざりした様子が、いやというほど伝わってくるからです。

ヴェルサイユの宮廷における王族の生活は生活全てが見せ物です。そのばからしさにうんざり。

結婚してみても、夫であるルイ・オーギュストとはなかなか仲良くなれず。
世継ぎの王子を生まないとフランス-オーストリアの同盟も成立とはいえない!
母親を始めとする周囲からは早く結婚の完成を!というプレッシャー。
(実際、結婚生活が成就されていないという理由による離婚もあるのがヨーロッパの宮廷ですから)

いやあ、長いのですよ、この満たされない時間が。

挙げ句の果てに馬鹿騒ぎの毎日。
その姿は、従来さんざん描かれてきたアメリカの10代(思春期)の女の子の馬鹿騒ぎものにも似ています。

キャンディとケーキのめくるめく世界

ここに思いっきり力を入れていますね。

そのため、マリー・アントワネットの後半生(パリへ移送された後)は描かれていません。
あくまで、「ヴェルサイユへいらっしゃい」なのです。

あまりにもアホばかりの登場人物たちはともかく、この映像の美しさと、ポップ・ミュージックの組み合わせの絶妙さは一見に値するように思いました。

ただし、まじめな歴史観をお持ちの方にはお薦めできないかもしれませんが。

やはり、マリー・アントワネットはみなに愛される人物なのでしょう。
子どものころ夢中で読んだ『ベルサイユのばら(5冊セット)』の巻末には参考文献一覧がありました。
そこで、いろいろ読みました。

おすすめは、これ。シュテファン・ツヴァイクの『マリー・アントワネット』です。

ここから高校時代にはまったのが『ジョセフ・フーシェ』です。
歴史上で無名ではないけれど大物ではない人物の評伝!フーシェを描くことによって、革命時代からナポレオン時代の様子がよーくわかります。
(私の研究が無名な人物にはまっていくのはこのころの影響か?今、気づきました。。。)
ツヴァイクはまた今度と言うことで。

マリーに戻ってみますと、こちらも有名でしょうか。

「マリー・アントワネット」だけでこれだけの本が見つかります。

ヴェルサイユ展は先年終わってしまいましたが、今度は本と映画で楽しむのもよいのではないでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/16

台風一過

台風一過。
朝寝坊して、カーテンを開けると今年最初の朝顔が咲いていました。
見る見るうちにぐったりしていく朝顔。花粉の散らばり方からすると受粉できたかもしれません。
Dscf4721
それにしても、一週間ぶりの太陽です。貴重な梅雨の晴れ間です。

そういえば、今日は海の日。といっても、なにゆえ「海の日」?
もともとは、7月20日だったものが、ハッピーマンデーとやらで、7月の第3月曜日になったとのことです。
いつの間にか、祝日の日がずれているので、うれしいような、本来の意味が不明になって落ち着かないような妙な気分です。

ここは素直に休日を喜んで、お天気を喜んでおきましょうか。

と、新潟県では、震度6の地震があったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/15

模様替え

一週間、太陽を見ていません。
さすがに、気分もどんよりしてきます。
そろそろ、夏休み。ブログのデザインを変えてみました。

萌え、、、なデザインなのかな。まあ、BLの趣味はないので、どうせならかわいい女の子で。
「昼と夜でデザインが変わる」というのに惹かれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/10

金刀比羅宮 書院の美

『金刀比羅宮書院の美』展

会期 2007年7月7日(土)~9月9日(日)
会場 東京芸術大学大学美術館
最寄り駅 JR上野駅

Dscf4715さて、四国の金刀比羅宮から上野へ、書院の襖絵たちが、やってきました。

Dscf4716
「この夏は上野の山へシュラシュシュシュ」
最初、シュラシュシュシュがなんなのか、ピンとこなかったのですが、イヤホンガイドでメロディを聴いたときに思い出しました。「こんぴらふねふね……♪」のメロディで「シュラシュシュシュ」ということなのですが、これはきっとお祭りを知っている人ならもっと印象的なのかもしれません。図録では「サルサのような」軽快なリズム(?!)と紹介されていましたから。

さて、今回の展示はいろいろな意味で気合いが入っています。Dscf4718
上野駅から上野公園を抜けて、東京芸術大学へ。この日は雨模様。足下に散った木の実(花?)がすっかりどろどろになっていて道が滑るので、雨の日は要注意です。
学生さんたちの流れを右に見て、左側にある美術館へ。
Dscf4719

イヤホンガイドを試してみました。
ナレーションは歌舞伎役者の片岡愛之助氏。ちょっと緊張気味な声で、まじめにまじめに語っておられます。それにしても、今回の機械はこっています。マルチメディア・ガイドシステムを使用したプレイヤー、ということで、音声だけではなく、画像も出てきます。
つまり、展示物だけではなく金刀比羅宮の景観とともに楽しんで欲しいということでしょう。襖絵の場合は特に空間として理解した方がより絵師の趣向がわかり深みがまします。また、金刀比羅宮という「場」にこそ意味があるということでしょう。
なるほど、と思いながら、耳と目と手がちょっと忙しい展示方法です。それでも多くの情報が入ってくるのはよいことでしょう。のーんびりしたいところです。
そういう意味では、せっかく書院を再現しているのだから畳かベンチが欲しいところかも。

割引券はこちらにあります。

同時に、
『歌川広重《名所江戸百景》のすべて』も開催中なので、やはり時間を見ておいた方がよいでしょう。上野はいろいろ目移りするのでたいへんです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/09

最近の驚き

先日、授業で天皇の即位の話をしていたときに、受講生の学生さんたちが平成生まれであることに少なからず愕然。冷静に考えれば、平成19年なのですからあたりまえ。。。ああ、昭和は遠くなりにけりと、思いました。

そこで、ソクーロフ監督による昭和天皇を描いた映画太陽を見てみました。
イッセー尾形の動きを見ていて、そうそう、昭和天皇ってこんな動きかたしていらっしゃったなあ(いえ、テレビでみていただけですけれど)と、思うにつれて、本当に昭和が遠くなったと感じる、昭和生まれの私でした。

そして、もう一つの驚き。
30代の男の子(子っていう年でもないか)と話をしていて、「洗濯を自分でしたことがない。自宅の男性ならみんなそうだよ」という発言を聞いたとき。嘘お。これからリサーチしてみたいと思います。
洗濯機に洗濯物を入れて、干すだけでしょう?乾燥機でもいいですが、私は日に当てたいですね。
Yさん。君のことですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/08

グイド・レーニ

夕刻、テレビをつけたらNHK東京の「美の巨人たち」を紹介するという番組宣伝の番組(この日本語はちょっとへん)をしていました。

そこで、1665年頃に描かれたフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』に影響を与えたかもしれないということで、グイド・レーニ作『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』を紹介していました。

レーニ。この名前で、三島由紀夫の『仮面の告白』……を思い出しそうになってしまいますが、それは考えずに、レーニの絵を見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/07

七夕

7月7日は七夕ということですが、少々違和感もあります。

東北や北海道などでは、七夕は8月7日です。というのも、旧暦に合わせて七夕行事を行うからです。
ならば、いっそ行事全てを旧暦にしてもよいのでは、というところですが、とりあえず七夕のみです。

やはり、梅雨時で、どう見ても夜空など見られそうにない太陽暦7月7日では、お祭りもしづらいということでしょうか。そういえば、横浜の知人の家では、7月中旬にお盆の行事を行っていました。そのあたり、年中行事も地域によってまちまちということでしょう。

天文事象からみた七夕はこちらにわかりやすい説明があります。

まずは、お星様に芸の上達を願ってみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/07/05

7月の展覧会

7月になりました。まだ梅雨は明けやらずしとしとむしむしの日々ですね。

温度・湿度をしっかり調整している美術館・博物館でゆったりすると、時を忘れませんか?


○貯金箱いろいろ ~時代とかたち~,2007年3月8日~7月8日,貨幣博物館(東京/日本橋)

○千代紙いろいろ 小間紙の世界~のし・短冊など-日本橋老舗のコレクションから,2007年4月10日~7月8日,旧新橋停車場鉄道歴史展示室(東京/新橋)

○【初公開】サンクトペテルブルク国立ロシア美術館展-ロシア絵画の神髄,2007年4月28日~7月8日,東京都美術館(東京/上野)

○じっと見るー印象派から現代まで,2007年4月10日~7月16日,ブリジストン美術館(東京/東京)

○開館40周年記念展 山種コレクション名品選,2007年4月21日~7月16日,山種美術館(東京/九段下)

○プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代,2007年6月9日~7月22日,BUNKAMURAザ・ミュージアム(東京/渋谷)

○親子でみる浮世絵通史 第1回 浮世絵はどのようにして生まれたか,2007年7月1日~7月26日,太田記念美術館(東京/原宿)

○館蔵品展 江戸の粋,2007年6月2日~7月27日,大倉集古館(東京/神谷町)

○中国・青磁のきらめき-水色から青、緑色の世界-,2007年6月16日~7月29日,静嘉堂文庫美術館(東京/二子玉川)

○開館25周年記念 比叡山修学1201年記念特別企画展「慈覚大師 円仁とその名宝」,2007年6月16日~7月29日,東北歴史博物館(宮城/多賀城)

○シャガール展,2007年6月16日~7月29日,千葉市美術館(千葉/千葉)

○[特別展]中林梧竹の書 百代の新風,2007年6月23日~7月29日,五島美術館(東京/上野毛)

○華麗なるアール・ヌーヴォー、アール・デコの世界ーガレ・ドーム・ラリック,2007年6月19日~8月11日,MOA美術館(静岡/熱海)

○ルオーとグロテスク,2007年5月26日~8月19日,松下電工汐留ミュージアム(東京/汐留)

○開館記念展Ⅱ「水と生きる」,2007年6月16日~8月19日,サントリー美術館(東京/六本木)

○古美術鑑賞入門Ⅱ 細川家歴代の肖像画400年,2007年6月9日~8月19日,永青文庫(東京/江戸川橋)

○美の競演-珠玉の浮世絵美人-,2007年7月7日~8月19日,ニューオータニ美術館(東京/赤坂見附)

○「青山二郎の眼」展,2007年6月9日~8月19日,世田谷美術館(東京/用賀)

○パルマ-イタリア美術、もう一つの都,2007年5月29日~8月26日,国立西洋美術館(東京/上野)

○祈りの中世ーロマネスク美術写真展,2007年6月12日~8月26日,国立西洋美術館(東京/上野)

○ルドンの黒 目をとじると見えてくる異形の友人たち,2007年7月28日~8月26日,BUNKAMURAザ・ミュージアム(東京/渋谷)

○茶道具展,2007年5月1日~8月31日,香山園庭園美術館(東京/鶴川)

○ペルシャ陶器展/フランス印象派・新印象派展/ヴィクトリア朝絵画展,2007年4月28日~9月2日,松岡美術館(東京/白金台)

○金刀比羅宮書院の美ー応挙・若冲・岸岱,2007年7月7日~9月9日,東京芸術大学大学美術館(東京/上野)

○芸大コレクション展 歌川広重《名所江戸八景》のすべて,2007年7月7日~9月9日,東京芸術大学大学美術館(東京/上野)

○夏季展 染付・呉須・祥瑞―青と白のやきもの,2007年8月14日~9月17日,畠山記念館(東京/白金台)

○絹ものがたり,2007年7月3日~9月22日,文化学園服飾博物館(東京/新宿)

○ル・コルビュジエ展,2007年5月26日~9月24日,森美術館(東京/六本木)

○開館20周年記念戸栗美術館名品展Ⅱ-中国・朝鮮陶磁,2007年7月1日~9月24日,戸栗美術館(東京/神泉)

○インカ・マヤ・アステカ展,2007年7月14日~9月24日,国立科学博物館(東京/上野)

○企画展 中村不折コレクション「明治ニッポンの書」,2007年7月7日~9月30日,台東区立書道博物館(東京/鶯谷)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2007/07/02

今日は半夏生

今日も雨。
授業の後で、電車に乗り遅れそうだったので、ひさしぶりの全力疾走をしました。運動不足です。歩いた方が速かったかも。間に合ったけれど疲れました。本当に運動不足……。

そういえば、今日は半夏生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »