« 梅雨入り | トップページ | 今日は半夏生 »

2007/06/22

ヴェニスの商人

THE MERCHANT OF VENICE
Willam Shakespeareの『ヴェニスの商人』を観ました。Venice

このカバーでもわかるとおり、シャイロックの存在が大きいのですよ!
アル・パチーノですもの。ヨーロッパにおけるユダヤ人迫害の様子がじっくりと描かれているだけに、シャイロックが気の毒に見えてきます。

しかし、不思議なのはジェレミー・アイアンズの演ずるアントーニオです。老けすぎていませんか?貴族的な風貌が似合うとしても、おまぬけ・小心のアントーニオには合わないような?ところが、見ているうちにしっくりしてくるから不思議です。マイケル・ラザフォード監督にかかると、シェークスピアの喜劇が人間の愚かさを如実に描き出す歴史ドラマとしての迫力が強調されます。

また、ドラマの舞台になるヴェネツィアが絵になります。ゴンドラで移動する人々を見るだけでヴェネツィアの雰囲気がしっかり味わえます。

確か、塩野七生氏が書いていたかと思いますが、全財産を船に乗せるような商売をするとは…、ヴェネツィア商人にあるまじき失敗といえるでしょう。やっぱり、アントーニオってお間抜けな上に商売が心配で憂鬱になっているあたり、小心者といえるでしょう。そして、親友に借金をさせてそのお金でお金持ちの女性ポーシャに求婚に行くバッサーニオ。。。とんでもない人々です。
そして、女性たちのかけひきも秀逸です。ポーシャ抜きではアントーニオは助からなかったというのに、男たちはぜんぜんわかっていなかった。最後にアントーニオはポーシャに嫉妬していたようなそぶりも。親友をとられたような気持ちになって(三角関係?!)。
もう一度原作を読みたくなりました。
沙翁はヴェネツィア商人をわかっていなかった、ということなのか?しかしながら『オテロ(オセロ)』でも黒人の軍人を登場させたり、ヴェネツィアという舞台設定はイギリス人にとってそんなに魅力的だったのでしょうか?

アル・パチーノはやはりいいですねえ。

|
|

« 梅雨入り | トップページ | 今日は半夏生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/15515320

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェニスの商人:

« 梅雨入り | トップページ | 今日は半夏生 »