« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/27

百人一首の日

いつ決まったのか知りませんでしたが、今日は「百人一首の日」だそうです。

その根拠は、百人一首を選んだといわれる藤原定家の日記『明月記』の記述とのこと。
文暦2年(1235)5月27日の条に、息子・為家の岳父にあたる宇都宮頼綱の懇願によって、嵯峨の頼綱の山荘に飾る色紙として「古来の歌各一首、天智天皇より以来、家隆雅経に及ぶ」歌を染筆したと記述されていることから。

さまざまな百人一首があります。

その成立事情には諸説ありますが、ともあれ、中世において写本(手書きで書写された書物)として伝わりました。
安土桃山期にポルトガル人によってカルタ(トランプの原型のようなもの)が伝えられました。それはやがて江戸時代に百人一首カルタが作られるようになります。
早い時期のものとして豪華な絵・能筆による書からなる道勝法親王筆の百人一首かるた(滴翠美術館蔵)が知られています。また、光琳カルタ(大石天狗堂から覆製が出ている)も作られます。

そして、明治になって黒岩涙香によって競技カルタ(全日本かるた協会があります)が定められ、活字の札が広まります。

かるたについては、『日本のかるた―小倉百人一首の背景』が詳しいです。

また、同時に和歌の入門書としても百人一首は享受されます。そのほか、意匠としても。
写真は、歌人の絵の入った絵皿です。大量生産されたらしいので模様がずれていますけれど。
Karutasara

実際、百人一首を学ぶと奈良~平安時代の主要な歌人を知ることとなりますので、文学史の学習にも向いています。

和歌の享受という点からみても『百人一首』はやはりおもしろいです。
成立事情や、歌の解釈を文庫で読むならこちらがおすすめです。

ただし、「百人一首の日」の根拠となる『明月記』の日付、5月27日は旧暦ですから、2007年だと6月11日に相当するのでは?
いや、逆に1235年の5月11日が何月何日かと考えるべきでしょうか?さて?
次は、暦と天文学について勉強しなければ。
奥が深くておもしろいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/24

狭山湖

五月晴れ!
も、今日(24日まで)のようですが、狭山湖に行きました。

国分寺を出発して、西武遊園地からレオライナーに乗って西武球場前まで。西武鉄道の旅です。そこから、歩いて10分ほど。

正式名称は山口貯水池とのこと。

昔、略縁起を読んだときに山口観音のことを調べたことがあります。
由緒あるお寺です。

Dscf4557
その手前に、狭山不動尊があります。こちらも徳川秀忠の廟所から移されたという勅額門をはじめとして、重要文化財に指定されている門が3つあるそうです。

江戸時代には、「月見」のために、江戸から狭山へと出かけた俳人もいました。
四谷を出立して青梅街道をてくてくてく…。周囲は畑ばかりの武蔵野多摩地区です。
そこには、武蔵野のうどんの話もあったのですが、麺は吉田のうどんに近いのかもしれません。
うどんの具を「あて」と呼ぶあたり、お酒のおつまみみたいです。
江戸東京博物館のたてもの園(小金井公園)で食べることができます。やはり、関西の方からの評価はちょっと…。

Dscf4563

ただし、江戸時代にはこの湖はありません。この湖が作られたのは昭和9年。それから幾星霜。
平成11年に改修されて現在のような姿になったそうです。

Dscf4568_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/23

吉田のうどん

五月晴れです。富士急行に乗っていると、田んぼが目立つ季節になりました。富士山が真っ白に見えていたのですが、なかなか思うように写真が撮れません。
吉田のうどん
吉田のうどん
吉田のうどん
山梨県は甲府を中心とした国中と、東部の郡内と呼ばれる地域からなります。
国中では、「ほうとう」が有名ですが、郡内には「吉田のうどん」があります。
大月駅前のうどん屋さん(吉田屋)は月曜日は定休日なので、都留市の「石井」といううどん屋さんに行きました。
関西出身の友人は「あれはうどんやない、餅の親戚や」といいますが独特のもっちり感はくせになる食感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/22

狩野派誕生

狩野派誕生-栃木県立博物館コレクション

会期 2007年4月1日(日)~5月27日(日)
会場 大倉集古館
開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)

最寄り駅 東京メトロ 日比谷線 神谷町駅より7分。
              銀座線・南北線 溜池山王駅より8分。
              銀座線 虎ノ門駅より10分。
              南北線 六本木一丁目駅より5分。

大倉集古館の建物は、どこか異空間へ入っていくような楽しさがあります。
Dscf4574

象の像や、仏様、一対の姑娘が迎えてくれます。
Dscf4572

Kanouhatanjou

狩野派の初代、狩野正信は下野国、現在の栃木県の出身ということで、栃木県立博物館には狩野派のコレクションがあったのですね。。。
5月27日までなので、あわてて行ってきました。
リーフレットは800円。

会場には、安村敏信氏の『もっと知りたい狩野派-探幽と江戸狩野派』もありました。

511ym5gq3gl

探幽の「富士美保清見寺図」や安信の「富士図」など、そのまま静岡に出かけたくなるような光景です。

会場には狩野派の一覧がありました。狩野派の絵師って本当に多いので大変便利です。
狩野派決定版』からの引用とのことです。
61ne6nzn79l


ここは、サントリーホールのすぐそばなので、アークヒルズ(溜池山王駅)でお茶をするもよし。泉屋博古館分館へ行き、泉ガーデン(六本木一丁目駅)にまわるもよし。という立地です。

できれば、泉屋博古館分館にも寄りたいところです。
が、残念ながら今回は時間が足らず断念しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/18

和菓子百珍展開幕

和菓子百珍展 その2

Wagasshihyakuchin
会場 虎屋ギャラリー(虎屋ビル2階)地下鉄赤坂見附A出口徒歩7分。
10:00~17:30
会期 5月18日(金)~6月17日(日)
入場無料 会期中無休。

春夏恒例、虎屋の展示が始まります。
今回は、森鴎外の好物「饅頭茶漬け」がでます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/12

デュエリスト

TUTAYAの半額クーポンが始まったので、DVDを借りてみました。
いまごろ、、、ですが、イ・ミョンセ監督、カン・ドンウォン、ハ・ジウォン主演の韓国映画『デュエリスト DUELIST』です。2005年公開でした。

朝鮮王朝時代の刺客と女刑事の恋の物語です。
原作はNHKでも放送していた『茶母』。時代考証よりも映像美に力をいれたというだけあって、美しい絵でした。
主人公2人もきれいでしたが、おじさんたちが味のある演技者たちでした。
女刑事ナムスンの上司のアンさん。どこかで見たことがあると思ったら『MUSA 武士』に出ていたアン・ソンギでした。ナムスンを心配しつつ、しなやかに生きる、ひょうひょうとしているけれど実は強いおじさん。
韓国を代表する有名な俳優……なるほど。

ただ、一つ、気になる点が。
日本から届いたいわくつき(室町時代の作で、持ち主はみな破滅している)の刀が、刺客の育ての親に贈られるのですが、その刀(どう見ても日本の刀の作りじゃない)に「夏草や兵どもが夢の跡」という銘があるらしい。。。
芭蕉ですか。このアイディアはどこから?原作にあるのでしょうか?
韓国に於ける、芭蕉の句のイメージって・・・。なかなか興味深い作品です。


| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2007/05/05

羽田空港のよーじや

お出迎えのために羽田空港に行きました。
ひさしぶりに行くと、ずいぶん、変わっていました。よーじやカフェがいつの間にかできていました。やはり、ここではカプチーノでこの顔を見てみたいところでしょう。Dcme_00017070505_18020001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/04

小金井公園にて

小金井公園の続きです。Dcme_00036070429_17450002

Dcme_00037070429_17450001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/03

小金井公園の藤の花

天気がよいので、小金井公園に行ってみました。藤棚がきれいでした。ただ、ふと思いついたまま出かけたものでカメラを持っていませんでした.
残念ながら携帯のカメラで撮影。Dcme_00039070429_17210004
近づくとなんとなくいい香りです。藤の花の香りは思っていたよりも強いようです。Dcme_00040070429_17210003
写真右側はいわゆる藤色。左側は白い藤の花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/05/02

こいのぼり

清澄白河駅から門前仲町へ歩きました。
途中の小学校に、こいのぼりが並んでいました。最近の家族構成は横並び。Dcme_00022070503_13260001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »