« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/28

義塾図書館を読む

第20回慶應義塾図書館貴重書展示会
「義塾図書館を読む」―和・漢・洋の貴重書から

2007年1月26日(金)~31日(水)
丸善・丸の内本店4階ギャラリー(東京)

〔入場無料〕

070128_11260001_1
書籍は実用品であると同時に、美術品でもあると思います。

さて、あやうく見逃すところであった、慶応義塾図書館貴重書展示会です。

気がつくと始まっているし、聞きたかった講演会は逃すし、自分の仕事もあるし…で、私の内部だけ疾風怒濤の状況になってきました。

今回は、和漢洋取り揃えて、美しくかつ貴重な書籍が並べられています。

その内容についてはこちらの慶應義塾大学のHPが詳しいです。

図録は1部1000円でした。

働かなければ……。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/01/14

雪・月・花展―雛かざりとともに

雪・月・花 展―雛かざりとともに

会場 細見美術館(京都)
会期2006年12月15日~2007年3月11日(日)

四季折々の花。四季折々の月。そして、雪。「雪中花鳥画の清冽」とキャプションがつけられていますが、本当にきれいです。

細見のコレクションといえば琳派が中心のような印象がありますが、若沖の鶏も有名です。

Zuroku_1

冬の京都は寒いです。寒い風をよけるのに、ここは地下を使ったユニークなデザインの建物ですからちょうどあたたかく美しい絵を見ることができます。

見終わったら地下2階のカフェでのんびり余韻を楽しむのもいいでしょう。

ただ、残念なのは展示ごとには図録を作っていないこと。帰宅して以前の図録を見直しながら、今日見たのはこの抱一と、芳中と、其一だったなあと思い返すしかありません。

あと、印象に残っているのはコレクションの主、細見古香庵(良)が作らせた『細見良行状図』。近代の実業家たちが、奉公からはじめて一人前となった姿を描かせるという流行があったのでしょう。似たような趣向の作品を畠山記念館でも見ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/01/11

春の海

20070106_010
函館に行きました。
ところが、雪がない。おまけにこの翌日は雨も降りました。
そして、調査を終えた帰りに「爆弾低気圧」のため大荒れの天気に。
ついていたのか、いなかったのか。ちょっとイベントを逃した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/01/05

多摩センター イルミネーション

ひょんなことから多摩センターへ行きました。
立川からモノレールに乗ると、夜景がなかなかきれいです。

そして、多摩センターといえばサンリオピューロランド。
いえ、今は駅からきれいなイルミネーションが見えます。イルミネーション2006というイベントが開催中とのこと。
061230_19290001_1
平日のことですから、人もまばら。それに、寒いこと寒いこと。そばにあったユニクロで手袋をすぐに買いました。
061230_19300002

東京23区内から、三鷹、立川と移動するにつれて少しずつ気温が下がります。
しかし、多摩地区は広い!多摩センターは立川よりさらに寒いようです。このあたりが、幕末の新選組の面々の出身地だと思うと感慨深いものがあります。ただ、山の様子を見ると、『平成狸合戦ぽんぽこ』を連想してしまいますが(確かあれは町田だったような)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/01/04

いよいよ仕事始め

結局、引きこもりの年末年始でした。
こういうとき仕事の合間の楽しみとして、文房具があります。
070103_01000001
また、1つ増やしてしまいました。ワインインク。
ただし、これは万年筆に使うにはつまりやすいので、ガラスペンなどで使う方がよいようです。
(それはそれで味わい深いものの、採点には向かない……やはり、なにか方法を考えなければ)。
先回のピノ・ノワールより明るい赤のドルンフェルダーにしてみました。薫りは……ブドウ系としかわからない……。葡萄酒を飲むのは好きなのですが、ソムリエには向かないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/01/03

今日から始まる浮世絵名品展

ギメ東洋美術館所蔵 浮世絵名品展

2007年1月3日~2月25日まで
太田記念美術館(JR原宿/明治神宮駅前)

フランス国立ギメ東洋美術館所蔵の葛飾北斎「虎図」がギメ東洋美術館所蔵の「龍図」と一対の作品だったことがわかったそうな。
そこで、今度はこの2点を並べて(双幅)展示するとのこと。

共催のNHKプロモーションのHPのほうには大阪展の案内がありました。

行く前に予習しよう、と思いギメ東洋美術館のHPをのぞいてみました。そして、ついついBoutiqueへ。そしてそこには、あるものですね~。Sculptureとして、アンコールワットの仏頭とか、ロゼッタストーンとか。王妃ネフェルティティの頭部も魅力的です。通信販売で買えるらしいのですが。さて。

しかし、これらを飾ることのできる部屋……。残念ながら私の部屋にそのようなスペースはありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/01/02

お正月は展覧会で

お正月といえば初詣。

みまさま無事、初詣にいらっしゃいましたでしょうか?
年末から体調を崩してしまい、本日は一日引きこもりをしていました。

1月1日の展覧会といえば、ニューオータニ美術館が新春展をはじめていましたのに残念です。
また、神社仏閣の宝物殿も見応えがあるのですが……。

人にうつさないためにもまずは、しっかりなおさねば(ノロウィルスだったらしゃれにならない)。

さて、1月2日から開館を始める博物館も増えました。

東京国立博物館では「新春企画 博物館に初もうで」と「特別展 悠久の美-中国国家博物館名品展」が始まります。

そして、江戸東京博物館でも「江戸博でお正月」が始まります。
特別展「江戸城」も今日からです。

ただし、江戸東京博物館の開館時間は2,3日は午前11時から。4日から通常開館とのこと。

熱があったので少し眠ったのですが、夢を見ました。職場のI先生とSさんが登場。ん?夢の中でも仕事?

今夜はめでたい初夢を見たいものです。「一富士二鷹三茄子」または、「七福神」の絵でも枕の下に敷きましょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2007/01/01

2007年1月の展覧会

あけましておめでとうございます。
さて、2007年となりました。昨年はあわただしい1年でしたが、今年は穏やかな(計画的な)1年にしたいものです。

Tubakiw2


ダリ回顧展 2006年9月23日~1月4日上野の森美術館(東京/上野)

古代ユーラシアの青銅器 2006年9月23日~2月18日中近東文化センター(東京/三鷹)

大英博物館ーミイラと古代エジプト展 2006年10月7日~2月18日国立科学博物館(東京/上野)

近代印刷のあけぼのースタンホープと産業革命 2006年10月14日~1月10日印刷博物館(東京/江戸川橋)

アール・デコ・ジュエリーー宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代 2006年10月14日~1月14日東京都庭園美術館(東京/目黒)

掛図にみる教育の歴史 2006年10月30日~2月2日玉川大学教育博物館(東京/玉川学園前)

開館40周年記念 出光美術館名品展Ⅱ競い合う個性ー等伯・琳派・浮世絵・文人画と日本陶磁 2006年11月11日~12月24日出光美術館(東京/有楽町)

スーパーエッシャー展 2006年11月11日~1月13日BUNKAMURAザ・ミュージアム(東京/渋谷)

平成18年度特別展「赤穂義士御預始末ー内蔵助切腹までの49日間」 2006年11月21日~2月28日永青文庫(東京/江戸川橋)

戸方庵井上コレクション名品展 2006年11月25日~1月14日板橋区立美術館(東京/高島平)

[館蔵]茶道具取合せ展2006年12月9日~2月12日五島美術館(東京/上野毛)

漆芸界の巨匠ー人間国宝松田権六の世界 2006年12月19日~2月25日東京国立近代美術館(東京/竹橋)

川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩 2006年12月23日~2月4日たばこと塩の博物館(東京/渋谷)

石山寺と紫式部展-時を越えて輝き続ける源氏物語の世界へ 2006年12月28日~1月8日銀座松坂屋(東京/銀座)

新春展 2007年1月1日~1月28日ニューオータニ美術館(東京/赤坂見附)

博物館に初もうで 2007年1月2日~1月28日東京国立博物館(東京/上野)

悠久の美・中国国家博物館名品展 2007年1月2日~2月25日東京国立博物館(東京/上野)

特別展「江戸城」 2007年1月2日~3月4日江戸東京博物館(東京/両国)

館蔵 花鳥画展 2007年1月2日~3月18日大倉集古館(東京/虎ノ門・神谷町・六本木一丁目)

特別展 初公開 ギメ美術館所蔵浮世絵名品展 2007年1月3日~2月25日太田記念美術館(東京/原宿)

新春の寿ぎ 2007年1月4日~1月31日三井記念美術館(東京/三越前)

抵抗と恭順-明末清初の書人たち 2007年1月4日~2月25日書道博物館(東京/鶯谷)

現代日本洋画展/東洋のやきもの展/美人画展 2007年1月5日~4月23日松岡美術館(東京/白金台)


古九谷~謎を秘めた躍動美 2007年1月6日~2月28日戸栗美術館(東京/渋谷)


鍋島家伝来能装束 2007年1月6日~3月11日国立能楽堂(東京/千駄ヶ谷)

大名から侯爵へ-鍋島家の華 2007年1月6日~3月11日泉屋博古館(東京)(東京/六本木一丁目)


冬季展 銀器の名工―沢田宗味 2007年1月9日~3月11日畠山記念館(東京/高輪台)


海をこえた出会い-「洋画」と「洋風画」 2007年1月10日~3月4日府中市美術館(東京/府中)

書の名筆Ⅲ 書のデザイン 2007年1月12日~2月12日出光美術館(東京/有楽町)

鈴木鵞湖(すずきがこ) 幕末に活躍した郷土の画家 2007年1月20日~2月25日千葉市美術館(千葉/千葉)

ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トガレワ名品展「マーオリ―楽園の神々」 2007年1月23日~3月18日東京国立博物館(東京/上野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »