« 百人一首展 | トップページ | 6月の展覧会 »

2006/05/31

芸術新潮 6月号

芸術新潮」 2006年6月号

今回の特集は「芭蕉から蕪村へ 俳画は遊ぶ」です。

先日、柿衞文庫に行ってまいりました。

平成18年度柿衞文庫春季特別展 『雲英文庫に見る 芭蕉・蕪村・一茶と新しい領域』
2006年4月15日(土)~6月4日(日)
あと、一週間です。

いきなり伊丹へ出かけられないとしても、柿衞文庫に問い合わせれば図録を送ってくれます。
雲英(きら)氏ご所蔵の品々の展示であり、どこかで公開されているというものではないので今回の展示は貴重です。
また、『芸術新潮』の特集は、柿衞文庫で秋に行われる『特別展 柿衞文庫の名品 ー芭蕉・鬼貫・蕪村』を意識しているため、逸翁美術館などの所蔵品の写真もあるので、充実していました。

|
|

« 百人一首展 | トップページ | 6月の展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/10317818

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術新潮 6月号:

« 百人一首展 | トップページ | 6月の展覧会 »