« 関東南部で未明から降雪 | トップページ | 寒い夜は星がきれいです。 »

2006/01/22

雪の朝(武蔵野編)

20060122
 『枕草子』の冒頭、「春はあけぼの」が有名ですが、この文は「夏は、夜」「秋は、夕暮」と続きます。そして、冬は…
 冬は、つとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、炭櫃火桶の火も白き灰がちになりて、わろし。

 故石田穣二先生の訳では次のようになっています。(『新版 枕草子』角川ソフィア文庫)

 冬は、早朝。雪の降ったのは、改めて言うまでもなく、霜が真白におりているのも、また、そうでなくても、ひどく寒い朝、火などを大急ぎでおこして、炭を御殿から御殿へ運んで行くのも、いかにも冬の早朝の景としてふさわしい。昼になって、気温が暖かくゆるんでゆくと、炭櫃(すびつ)や火桶の火も白く灰をかぶってしまって、みっともない。

 そして、『枕草子』からもう一文。
 冬は、いみじう寒き。夏は、世に知らず暑き。

 冬は、ひどく寒いのがよく、夏は、また途方もなく暑いのがよい。

 暖房器具が炭櫃火桶という平安時代において、本当かな?それどころじゃなく寒いでしょう!と思いますものの、真白な光景というものは確かに言うまでもなく美しいものです。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:2月も低温に修正=「寒気予測難しい」-気象庁(時事通信).

 この冬は本当に寒いようです。正直なところ、冬の寒さは命がけです。が、できるだけこの寒さまでも愉しみたいものです。

 東京では珍しい雪の朝。こんな雪は2001年以来だそうです。写真は昨日と同じ場所から。

|
|

« 関東南部で未明から降雪 | トップページ | 寒い夜は星がきれいです。 »

コメント

はじめまして。コメントとトラックバックありがとうございます。武蔵野でも結構積もったみたいですね。

投稿: takayuki | 2006/01/22 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/8275775

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の朝(武蔵野編):

« 関東南部で未明から降雪 | トップページ | 寒い夜は星がきれいです。 »