« 寒い思い出 | トップページ | 桂歌丸師匠が登場するアニメ »

2006/01/05

八犬伝……

 TBSの『里見八犬伝』を見てしまいました……。仲間由紀恵に魅かれてしまいました……。伏姫神女ですもの。それに、菅野美穂です。玉梓ですし。映画版『エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS』以来、菅野好きです。
 ところが、どうも違和感があります。伏姫と岩屋にこもるはずの怪犬・八房はどうしちゃったの?あれ?信乃の恋人の浜路が浜路姫?あれれ?
 ずいぶん変わっています。いいんですけどね。滝沢秀明クン演ずる信乃の大活躍でも。まだ、大河ドラマの『義経』っぽいけど。
 とはいえ、歌舞伎の舞台の実写版をみているような部分も多くて、それなりに楽しめました。

 ただやっぱり、2日間かけても、合計5時間くらいじゃ馬琴の世界は描ききれないでしょうね。できれば、テレビ東京系で12時間時代劇にしてほしかった。

 というわけで、結局、『南総里見八犬伝』を読み直すことにしました。学部生のころ、岩波文庫で10巻そろえてあったはず。
 が、一日じゃ終わらない。

 やはりここは「江戸のエクソシスト」に頼りたい。高田衛先生の『完本 八犬伝の世界hakkendennnosekai』を探す。

 いや、本当は読本を読んでいる場合じゃないんだけれど、テレビドラマを見たらものすごく欲求不満というか、不完全燃焼してしまいました……。なんだかなー。
時間がないから山田風太郎の『八犬伝』にしましょうか。こちらならすぐ読めそうです。また、この切絵が艶っぽくてきれいで。子どもの頃、朝日新聞の連載小説だったこれを読んで、とってもどきどきした記憶があります。
hutarouhakkenden
まだ松の内っ!と叫んでも世間ではもう仕事始め。
今日5日は小寒。小寒から大寒(今年は1月20日)までが一年中でもっとも寒い時節といいます。実際は、2月も寒いと思いますけれど。

北海道から帰った日は暖かく感じても、もう東京の寒さがつらくなってきました。北海道は完全暖房で、家の中は暖かかった(^^♪あちらでは、室内では半袖シャツでくつろぎ、アイスクリームを食べるのですよ。

武蔵野のわが老朽木造アパートでは暖房器具はこたつだけ。いえ、エアコンとかいろいろあるのですが、こたつを出したら必要なくなってしまって。それにまた、こたつで読書。これがたまらない。00150854
明日は出勤せねば。

|
|

« 寒い思い出 | トップページ | 桂歌丸師匠が登場するアニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/8022751

この記事へのトラックバック一覧です: 八犬伝……:

» 滝沢秀明 [芸能人・マスメディア多事争論]
滝沢秀明はジャニーズの中でも、デビュー前からほぼソロで活動していると言ってもいいと思います。 滝沢秀明自身の実力も当然ですが、ジャニーさんに気に入られているのも大きな要素だと思います。 ... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 00:47

» 菅野さんは本当に名女優にならはったなぁ… [ ランス・ザ・周辺]
録画してた里見八犬伝を見た。 だってぇ、菅野さんと仲間さんが出るんだもんなぁ。 その他のちょい役からメインまで、俳優人もめっちゃ豪華やもんなぁ。 見るっきゃないわなぁ。 しかし、菅野さんは本当に名女優にならはったなぁ…うんうんうん。 うーん、うん。 俳優や女優の何がすごいって、「いろいろな役」を演じられることがすごいのだ。 「どの役も同じに見える」人はよくない。 そういう意味で「明るく天真爛漫な娘」から「毒�... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 03:13

» 南総里見八犬伝にみる山田風太郎に想う天徳内裏歌合。 [平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ]
親愛なるアッティクスへ 正月に、八犬伝やってましたよね。 私は、録画したまま、、まだ見てないのですが、昭和36年~40年生まれくらいまでの世代では、まず殆どの方が八犬伝というものには、特別の感慨をお持ちなのではないでしょうか? 昭和48年、当時の子供たちを魅了したテレビ番組に、NHK 人形劇 「新・八犬伝」というモノがあります。 (詳細はコチラが詳しいです!→新八犬伝をもう一度見ようよ!) エンディング・テーマで坂本九さんが、「巡る巡る巡る因果は糸車~♪ 明日はどんな人に会うだろう... [続きを読む]

受信: 2006/01/06 17:33

« 寒い思い出 | トップページ | 桂歌丸師匠が登場するアニメ »