« スコットランド国立美術館展 | トップページ | 「山内一豊とその妻」展 »

2005/12/27

26日の朝

23日の忘年会を、クリスマスパーティと思っていましたが、冷静に考えると、天皇誕生日でした。
 
 宮内庁のHPを眺めながら、ふと思い出しました。そういえば佐倉の歴史民俗博物館に秋篠宮ご夫妻がおいでになったとか。なまず以外にもご興味がおありなのかな。と、思っていましたら、皇太子殿下もおいでだったようです。公務とはいえ、いろいろな博物館に行けるのはうらやましいけれど、興味がなかったらたいへんかも。 人間文化研究機構連携展示だったのに、国文学研究資料館にはおいでにならなかった。がんばれ、国文研!でも、国文研って要するに「資料館」であって、研究の場というか、図書館であるのですよね。展覧会の会場としてはちょっと……というか、ずいぶん性質が違います。あと2年で立川へ移転してしまいます。

25日からだったでしょうか。TVCMで「佐野厄除け大師」の案内が流れるようになりました。もうすぐお正月。
25日にはもうクリスマスの飾り付けがはずされ、26日にはいっきに大晦日お正月の雰囲気へと街の様子も変わります。でも、子どもの頃は26日の朝にプレゼントを発見するのじゃなかったかな?
 いまやクリスマスのクライマックスはクリスマスイブになってしまいました。やはり、なにごとも前夜祭が一番盛り上がるということでしょうか。大晦日の盛り上がりも楽しいですよね。

この時期の神社仏閣は、平日とはまた違った趣があります。

|
|

« スコットランド国立美術館展 | トップページ | 「山内一豊とその妻」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/7859881

この記事へのトラックバック一覧です: 26日の朝:

« スコットランド国立美術館展 | トップページ | 「山内一豊とその妻」展 »