« やまとうた―美のこころ | トップページ | 俳諧絵画の美 »

2005/11/04

国宝 燕子花図

kakitubata
『国宝 燕子花図  光琳 元禄の偉才』
根津美術館にて
2005年10月8日~11月6日まで(あと2日です!)

今年は、「古今新古今記念の年」というだけではなく、琳派がよく展示される年です。
根津美術館では、平成14年以来修理中であった『燕子花図』屏風がようやく公開されました。

図録は2300円。英語解説つきの10,000円のものもあります。

以前よりいっそう鮮やかになった『燕子花図』屏風もいいものでしたが、今回は、秋という季節柄草花屏風もいろいろ展示され、行ってみるとさまざまな琳派の作品が並んでいました。草花の多彩さに驚かされます。金と青だけではなく、緑色の印象も強く感じられます。現代のガーデニングや庭園とはまた違った巧妙な配置の草花を見ると心なごむ思いになります。美術館では無理でしょうけれど、この草花屏風を前にゆったりとお茶をいただきたいものです。

『伊勢物語』を主題とした絵も出ていました。
いろいろと充実した展示ですのでこれはオススメです!(^^)!
江戸期の草花図を見た後で、時間があるなら根津美術館の庭園を散歩するのもいいでしょう。都心とは思えないほどのうっそうとした木々と起伏がある場所ですから、足元にはどうぞご注意を。
喫茶室ガゼボでお茶をいただくのもいいですし、のんびりと原宿方面まで歩くといろいろなお店があります。
元気があるなら、太田記念美術館まで歩いて浮世絵を見るのもいいです。が、距離があるのであくまでお散歩気分を忘れずに。今、太田記念美術館では「特別展 浮世絵の楽器たち」を開催中です。

根津美術館の最寄り駅は地下鉄表参道駅。太田記念美術館の最寄り駅はJR原宿駅か、地下鉄明治神宮前駅です。

|
|

« やまとうた―美のこころ | トップページ | 俳諧絵画の美 »

コメント

こんばんは。
>『伊勢物語』を主題とした絵も出ていました。
これにめっぽう弱いんです。。。
すぐに反応してしまいます。

カキツバタの絵も本当のところ
どうなのかなーーと思っていたのですが
やっぱりあれは伊勢の九段目ですね。

投稿: Tak | 2005/11/14 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/6896965

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 燕子花図:

» 「特別展 国宝燕子花図」 [弐代目・青い日記帳]
根津美術館で11月6日(日)まで開催していた 「特別展 国宝燕子花図 −光琳 元禄の偉才−」に行って来ました。 展示室では距離をおいて観る事できないので・・・ まずは思い切り画像を小さくして「遠くから」観た燕子花図を。 実際に美術館で観るとこのように平面ではなく 屏風ですから折って立てて展示してあります。 すると、本やインタネで見慣れた燕子花図とは違って とても立体的に見えてきます。大変リズミカルに描かれているのも分かります。 どことなく音楽的な作品です。楽し... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 22:22

» 国宝燕子花図 -光琳 元禄の偉才- @根津美術館 [徒然なるまままに]
特別展 国宝燕子花図 -光琳 元禄の偉才- @根津美術館 何故か足を運んだことがなかった根津美術館に、久々に国宝燕子花図が出展されるというので、会期間際の5日(土)に行ってきた。国宝燕子花図を目当てにいったのだが、まずは第二室の方から鑑賞。 お茶道具が秋の茶会のイメージで展示。ご婦人方がお道具についてメモを取っている。例えば、 大名物 落葉の色紙 伝西行 「寺落葉 せきてらや 人もかよはず なりねれば もみじちりしく に�... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 09:08

« やまとうた―美のこころ | トップページ | 俳諧絵画の美 »