« 大和郡山 柳沢文庫 | トップページ | 12月の展覧会 »

2005/11/20

うたのちから―和歌の時代史

「うたのちから―和歌の時代史」
utanochikararekihaku

2005年10月18日(火)~11月27日(日)
千葉県佐倉市 国立歴史民俗博物館
入館料は一    般: 420 円 (団体は 350 円)
      高校・大学生: 250 円 (団体は 200 円)
      小学・中学生: 110 円 (団体は 90 円)

古今和歌集1100年・新古今和歌集800年記念のイベントもそろそろ終盤に近づいてきました。
千葉県佐倉の国立歴史民俗博物館にて行われている「うたのちから―和歌の時代史」展です。

 京成佐倉の駅を下りて、バスで5分ほど坂道を登ります。佐倉は坂の町です。電車の中から、駅から、小高い山の上にある「歴博」のたてものが見えます。
 9時に日暮里駅で待ち合わせて、着いたのは10時半ころ。友人とあれこれ言いながら見ていたら、1時半になってしまいました。さすがに空腹です。レストランには古代米を使ったメニューがありました。

よく似ているポスターが2枚、両方ともに真っ赤な地に白抜きで「うたのちから」とあります。
国文学研究資料館の展示は18日で終了しました。
国立歴史民俗博物館は27日までです。

この2つの展示は同じ「うたのちから」でも、その解説はちょっと違います。
国文学研究資料館は研究機関・図書館であり、国立歴史民俗博物館は研究機関・博物館です。
それだけに、歴博は解説がいろいろついています。

出光美術館、五島美術館の「書の美を味わう」の展示と異なり、ここでは「歴史を学ぶ」つもりで行った方がよいかもしれません。
前にも思いましたが、博物館はとにかく「体力」が必要なところです。

|
|

« 大和郡山 柳沢文庫 | トップページ | 12月の展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/7232561

この記事へのトラックバック一覧です: うたのちから―和歌の時代史:

» 『風雅の虎の巻』 やまとうた一千年 [雪月花 季節を感じて]
 やまとうたは、人のこゝろをたねとして、よろづの言の葉とぞなれりける。  ‥生きとし生けるもの、いづれかうたをよまざりける。力をもいれずして  天地(あめつち)を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれとおもはせ、  男女のなかをもやはらげ、猛(たけ)き武士(ものゝふ)のこころをも  なぐさむるは、うたなり。  紀貫之の『古今集』序文から1100年、『新古今集』成立より800年目を数える今年は、美し�... [続きを読む]

受信: 2005/12/09 20:36

« 大和郡山 柳沢文庫 | トップページ | 12月の展覧会 »