« プラート美術の至宝展 | トップページ | 10・11月の展覧会 »

2005/10/01

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

レオナルド・ダ・ヴィンチ展―直筆ノート「レスター手稿」日本初公開

2005年9月15日(木)~11月13日(日)
会期中無休!05-09-30_21-39


森アーツセンターギャラリー[六本木ヒルズ森タワー52階

開館時間 10:00~20:00

割引券もこちらのサイトにあります。

この展覧会のテーマはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画だけではなく、科学者発明家としての天才にせまるということでしょう。
そして、もう一つ。発明家のノートをどれだけおもしろく見せるのか?!
そう、この会場にはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画はレプリカしか展示されていないのです。
それでも、おもしろいのはさまざまな技術と工夫がなされているからです。

まず、入ったところにあるのは、レオナルドのノートにある実験の数々。
科学博物館に来たような気分になります。けっこうまじめに実験を楽しめました。ただ、子ども向けというよりカップル向けかもしれません。夜に行ったせいでしょうか。何人か子どももいたのですが、わりと飽きてしまっていたようです。それよりも、実験を解説する男の子、「おもしろーい」と素直な女の子(うーん、ちょっとありきたりな光景)にうけていたようです。
とにかく、パネルを使って、レオナルドのノートの説明がえんえん続きます。それでも、レオナルド・ダ・ヴィンチは魅力的です。世にも見事な鏡文字!有名なことではありますが、その鏡文字を実際に鏡を使って検証すると本当にしっかりと文字が反対に書かれています。leonardo1

そして、説明をしーっかり受けた後でようやく、ノートとご対面するのですが、照明が暗いです。保存のために暗い中にぼんやりと浮かんだノートは、一枚一枚がばらばらです。そして、照明は一定ではなく、まるで蛍の光のようにゆーっくりとフェイドアウトしてしまいます。しばらく待っているとまたぼーっと明るくなってきます。待ちきれずほかの明るい一葉の方へ近づくうちにみるみる暗くなる……。人間、ゆっくり見られないとなると必死になってみるものです。心理をついている?

そして、ラストは映像。レオナルド・ダ・ヴィンチの絵の基底には科学的な探求の結果が反映していることが、丁寧に説明されています。実験、ノート、参考文献の数々を見たあとだけに勉強した~という気持ちになります。

これも、いかに見せるかの工夫の結果ですね。
オリジナルカタログは2,300円。レスター手稿の複製付もあります。

|
|

« プラート美術の至宝展 | トップページ | 10・11月の展覧会 »

コメント

ruihui様

コメントとTBをありがとうございました。

>子ども向けというよりカップル向けかもしれません。
  
(*"ー"*)フフッ♪私もそれを感じました。
ロマンが溢れて壮大な宇宙への神秘を描いているようで、私もいつになくどなたか大事な方とご一緒に観たかったです!

>人間、ゆっくり見られないとなると必死になってみるものです。心理をついている?
  
 本当ですね! 上記は、私の行動を読まれているようでした(^_^; もう電気がついているところへ必死に右往左往しましたもの。。なんか、ゲーム感覚みたいに、飛びつき回りました。


 でも手稿は本当に素晴らしかったですね!

  それから、本日、二度目のプラート展も先ほど行って参りました。やはり、リッピのマリア様がものすごくきれいでしたぁ~!!

  「晴歩雨読」様のブログへ拙ブログよりリンクを張らせていただきますので、これからもよろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)

投稿: Julia | 2005/10/01 20:28

ruihuiさま、

記事とは関係のないお知らせでごめんなさい。
遅くなりましたが、本日「雪月花」から貴サイトへ
リンクをさせていただきました。下記記事です。
 http://blog.goo.ne.jp/setsugekka_2/e/5287cbf553fad3d75f248ec945d352f4

昨日、出光美術館へ行ってまいりました。琳派は
過去に見たものばかりでしたけれども、楽焼で
初代長次郎や一入の茶碗に対峙でき、至福でした。
今後は下記の展示も楽しみにしております。

華麗なる伊万里、雅の京焼
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=2118

神々の涙─「パール」展
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2005/pearl/index.html


とりいそぎ、お知らせまで‥

投稿: 雪月花 | 2005/10/02 12:50

ruihui様

こんばんは。
早速、リンクを張っていただいてありがとうございます。

もし池上先生の鑑賞会にご参加したければ、一度、私のメールアドレスまでメールをいただけますでしょうか?追って、予定日を連絡させていただきます。

Julia

投稿: Julia | 2005/10/02 21:54

雪月花さま
出光はいかがでしたか?
最近の出光は、ほとんど館蔵のものだけの展示になるそうです。とはいえ、何度見ても味わいのあるものが多いですよね。いよいよ芸術の秋、10月です。上野の東博・科博も楽しみです。ご教示ありがとうございます(^^ゞ

投稿: ruihui | 2005/10/03 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/6193208

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ展:

« プラート美術の至宝展 | トップページ | 10・11月の展覧会 »