« 都市の模型展 | トップページ | 江戸時代の小説 佐野・勝俣文庫 »

2005/10/07

三島市

静岡県三島市は新幹線で1時間ほどのまちです。ここ数年、毎年秋には静岡へ行っています。
03-10-08_17-27
新幹線のホームからも富士山が見えます。この写真は2年前のものです。

しかし、今年はあいにくの雨。降ったりやんだりという日でした。
三島というと三嶋大社。鎌倉時代、阿仏尼(『十六夜日記』)が和歌を奉納しています。また、江戸時代初期、烏丸光広も和歌を奉納し、そのおかげで雨がやんだという話があります。浮世絵では広重の東海道五十三次で有名です。100

このまちでは、「街中がせせらぎ事業」を推進しているとの事。三島大社へ行く途中水上通りを通りました。05-10-05_16-41
とても大きなかものつがいがきれいな水を飲んでいました。また、すっくと立つ一羽の鷺。きれいなせせらぎにはきれいな鳥がいます。05-10-05_16-42
くわしくは回遊ルートをごらんになるといいでしょう。05-10-05_16-43
 むかし、何度か佐野美術館に行きました。その当時見たのは頼朝に関係する展示だったでしょうか。ここでは、茶碗、刀剣などが見られます。05-10-05_16-44
静岡の話はまた明日に続けたいと思います。

|
|

« 都市の模型展 | トップページ | 江戸時代の小説 佐野・勝俣文庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/6305185

この記事へのトラックバック一覧です: 三島市:

« 都市の模型展 | トップページ | 江戸時代の小説 佐野・勝俣文庫 »