« 真珠の耳飾りの少女 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチ展 »

2005/09/23

プラート美術の至宝展

プラート美術の至宝展―フィレンツェに挑戦した都市の物語05-09-22_16-0905-09-22_16-10
2005年9月10日(土)~10月23日(日)
損保ジャパン東郷青児美術館(損保ジャパン本社ビル42階) 05-09-22_16-14
新宿駅西口より徒歩5分

05-09-22_16-11損保ジャパン東郷青児美術館といえば、ゴッホの『ひまわり』で有名な美術館ですが、今回はイタリアの都市の美術展です。

でも、正直なところプラートってどこ?というぐらいなんにも知りませんでした。トスカーナ地方、フィレンツェ近郊の都市だそうです。ルネッサンス発祥の地はここだそうです。
 が、フィリッポ・リッピという名前を聞くとあれーどこかで聞いたような?そうそう西洋美術史の時間にスライドを見ました。初期ルネッサンスに登場する画家です。フラ・アンジェリコと並ぶ画家であり、ボッティチェリに影響を与えた人ですが、どちらかというと修道女ルクレティアさんとの駆け落ち事件が印象的な画家さんです。この事件のあと、弟子たちが完成させた絵が《身につけた聖帯を使徒トマスに授ける聖母および聖グレゴリウス、聖女マルゲリータ、聖アウグスティヌス、トビアスと天使》です。聖女マルゲリータの顔はルクレティアさんの顔だとか。美人です。plato-lippi

プラートには、この聖母の残した「聖帯」が伝えられ、現存するそうです。plato-battistello
また、この怪しいキリストは「ノリ・メ・タンゲレ―我に触れてはならない」と言っている場面ですが、この帽子のあやしさといったら、もう、なんだか。
キリスト教、メディチ家、毛織物商人―このプラートというフィレンツェ近郊の都市の歴史を概観できる展覧会です。

キリスト教の宗教画を見るといつも思い出すのが、ドイツ留学をした友人のつぶやき。
「西洋の宗教画は描かれるものそれぞれに象徴的な意味が(例えば、鳩=平和とか)明確にあってわかりやすいけれど、日本の宗教画にはそれがないのでわかりづらい」
 当時の私には説明できませんでしたが、象徴と言う点では日本の方もわかりやすいんです。たとえば獅子と牡丹といえば、文殊菩薩というように。
 とにかく、洋の東西を問わず、その歴史的文化的宗教的背景を知って美術を眺めるといっそう奥深い世界を堪能できます。

今回の展示会場にはこのような象徴的な意味も含め、絵の解説も丁寧なのでクリスチャンではなくとも聖書とキリスト教の伝説世界を楽しめました。

図録は2,000円。また、10月1日にはお客様感謝デーとして無料開放されます。
開館時間は 午前10時から午後6時まで、金曜日は午後8時まで
*入場は閉館の30分前まで、とのことです。42階からの眺めもなかなかです。05-09-22_16-13
この展覧会は岐阜、広島へ巡回します。
2005年11月3日~12月25日 岐阜県美術館
2006年1月3日~2月19日 ひろしま美術館

|
|

« 真珠の耳飾りの少女 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチ展 »

コメント

ruihui様

コメントをありがとうございました。
ruihui様も絵画にお詳しくて、鑑賞回数もとても多いので拝見してとても嬉しくなりました。

この展覧会の鑑賞会が来月の中旬にありますので、よろしかったらruihui様もご一緒にご参加されませんか?イタリア美術史ご専門の池上先生が解説をしてくださるそうです。日程などは後ほど掲載しますので、またご訪問くださいませ。
TBさせていただきます。

投稿: Julia | 2005/09/23 10:26

ruihuiさま、こんばんは。お彼岸はいかがおすごしですか。こちらは台風一過、ようやく風もおさまり、しずかな秋の夕です。

時間のある折には、こちらを必ず拝見しています。今週末にはようやく出光美術館に出かけられそうで、今からわくわくしております。ruihuiさまは、どちらの展示会をご覧になったのでしょう。

いつのまにリンクをしていただいていたのでしょう‥、とてもうれしいです。差支えなければ当方もぜひこちらへリンクをさせていただきたいのですが、いかがでしょうか。

今日は衣替えを済ませました。明日から気分はすっかり秋モードです。お体に気をつけて、芸術の秋をおすごしください。

投稿: 雪月花 | 2005/09/25 18:34

ruihuiさま、こんばんは。
リンクの件、わざわざご連絡くださり恐縮です。有難うございました。こちらからも近いうちにリンクをさせていただきたいと思いますので、完了後にあらためてご連絡いたします。何か支障などございましたら
遠慮なくお知らせください。

週末は出光美術館へ行ってまいります。久しぶりに会う琳派、わくわくしています。 ruihuiさんも、よい週末を‥

投稿: 雪月花 | 2005/09/29 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/6069528

この記事へのトラックバック一覧です: プラート美術の至宝展:

» プラート美術の至宝展 - Angel Series No.8 [Floral Musée]
 今年の美術の展覧会はすごい!! 私は昨年から美術館へ通いだしているので  [続きを読む]

受信: 2005/09/23 10:30

» プラート美術の至宝展@損保ジャパン東郷青児美術館 [翠松庵no散歩道]
美術の王道、キリスト教の宗教絵画です。 午後に行った世田谷美術館もでしたが、作品目録がありませんでした。 残念です・・・・ 仕方なく入り口で300円のジュニアガイドを買いました。 メモが欲しかったのです。(ちなみに世田谷美術館のジュニアガイドは無料...... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 15:38

« 真珠の耳飾りの少女 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチ展 »