« 9,10月の展覧会 | トップページ | 絵巻「山中常盤」と歌舞伎 »

2005/09/13

南蛮美術・堺市博物館

堺市博物館では企画展『南蛮美術』が行われています。
2005年9月2日(金)~10月2日(日)まで。

堺は日本史の上でも特に中世から近世にかけて商人・職人の町として有名です。
この博物館は仁徳天皇陵のすぐそばにあります。sakaisi
最初、顔を見て少年かな?と思ってしまいました。『洋風女性図』。図録ではあまりよくわかりませんが、実物を見るとものすごい上目遣い!そういえば、中世ヨーロッパの宗教画にはけっこう上目遣いの人々が出てきます。天を見上げたり、神を見あげたり……その影響でしょうか?

図録は平成15年のものが販売されています。

スポット展示『半井氏と幻の寺大通庵』 2005年8月2日(火)~10月2日(日)
図録はありませんでしたが、解説と翻字のリーフレットがありました。

堺出身の方に、「暑かったですよ~」と言いますと、「あのあたり(百舌鳥)で日焼けすることを〈もず焼け〉って言うんですよ」とのこと。なんだかきれいな響きですが、実質はじりじりと焼けつくような暑さです。昔はもっと涼しくて気温が30度になることなどそれほど多くはなかったそうです。やっぱり地球温暖化でしょうか。子どもの頃、地理の時間に、「本州は温帯」と学んだように思いますが、現在では亜熱帯といえそうです。私は亜寒帯仕様なのでつらいです。

堺市立博物館へはJR阪和線・関西空港線「百舌鳥(もず)」駅から歩いて6分ほど。
堺観光コンベンション協会のHPを見ると、いろいろと歩くのもよさそうです。が、おすすめはもっと涼しい季節でしょうか。

|
|

« 9,10月の展覧会 | トップページ | 絵巻「山中常盤」と歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/5922841

この記事へのトラックバック一覧です: 南蛮美術・堺市博物館:

« 9,10月の展覧会 | トップページ | 絵巻「山中常盤」と歌舞伎 »