« 平安の仮名、鎌倉の仮名 | トップページ | 真珠の耳飾りの少女 »

2005/09/19

中秋の名月

18日は中秋の名月。usagi

北海道の友人からは「こちらは雨」というメールが届きましたが、関東では見事な満月でした。
あんまりきれいだったので、写真が撮れないかな~と思いましたが、うまくいきませんでした。

そこで、勉強してみよう。ということで、AstoroArtsのサイトを見てみると、ありました。特集「月を見よう」が。04-11-21_17-30
こちらは以前、京都にて携帯を使って撮影したもの。きれいなお月さまへの道のりは遠いです。

「中秋の名月」だけでは「片見月」となってしまうので、次は「後の月見」旧暦9月13日です。今年は10月15日(土)がその日にあたります。『東都歳時記』などでは、船の上で月を楽しむ人々が多いと書かれていますが、風流でいいですね。

|
|

« 平安の仮名、鎌倉の仮名 | トップページ | 真珠の耳飾りの少女 »

コメント

ruihuiさま、はじめまして。ご挨拶が遅れまして失礼いたしました。「雪月花 季節を感じて」の雪月花です。コメント、さらにTBまでいただけてとてもうれしかったです。有難うございました。月の客=去来となさるところ、さすがですね。

こちらに伺いましたとき、名月、和歌、琳派、京都‥と、わたしの敬愛するものばかり紹介されており、わくわくしちゃいました。それに、今年は古今集と新古今集の記念の年だったなんて‥、とってもうかつでした。貴重な情報を有難うございます。これから楽しみな展示会が目白押しですね! とくに出光美術館から目が離せません。

光琳の布袋図ですが、わたしの印象はとても好ましいものでした。光琳は人物画には興味がないものと思っていたのですが、この布袋図を見たとき、なんとも愛嬌があり、ほろ酔い気分のようないかにも楽し気な表情で、「あぁ、光琳は自然の景物だけを慈しんだのではなかった」と感激しました。


また楽しみにこちらに伺わせていただきますね。どうぞ今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 雪月花 | 2005/09/19 15:38

雪月花さま
コメントありがとうございます

「布袋図」、いいですよね。光琳の布袋の視線はもう鞠に夢中でたまらない様子が妙にリアルな角度と表情で描かれているように思われました。
一度、なんらかのかたちで、『布袋展』なんてできるといいなあと思います。

『雪月花 季節を感じて』また伺わせていただきます。どうぞよろしく。

投稿: ruihui | 2005/09/19 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/6012887

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

» 月づくし [雪月花 季節を感じて]
 今宵は十五夜。日本中の風流人みな「ここにもひとり‥」と月の客となることでしょう。宵の口の東の空にのぼる月を見つけたら、「今宵は月づくし‥」と洒落こみましょう。  月ごとに 見る月なれど この月の 今宵の月に 似る月ぞなし  (村上天皇)  ─「八月十五夜の月にまさるものはないな。では、杯(つき)に映して一献」  月月に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月  (大内の女房)  ─「そうね、月を見... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 12:14

« 平安の仮名、鎌倉の仮名 | トップページ | 真珠の耳飾りの少女 »