« 印刷革命がはじまった | トップページ | 8月9月の展覧会 »

2005/08/19

夏の思い出

 連日、暑い日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。DSCF0126

 この夏は、広尾で過ごしました。雷雨の夜の六本木ヒルズの光景や、広尾の高級マンションの隙間から見る花火などなかなか思い出深い夏でした。
 とはいえ、術後しばらくはまだ痛いのと、体力がまだ戻らないので、展覧会めぐりはしばしお休みです。
 抜糸の日に研修医の先生と看護士さん二人が来てくださって、「傷はきれいにふさがっているね、痕は残らないよ。よかったね。あれ?でも、糸がないね~」「抜糸なのにどうしましょう?」(やり取りの後で)「今、確認がとれたよ。糸がないから、まあこのままということで。残りのテープは自然とはがれるから。大丈夫。」
 結局、たいへん丁寧に、残らないタイプの糸で傷は縫われていたのでした。忙しい中、保護テープをはがすためだけに来てくださってありがとうございます。もちろん、このときに傷を確認していただいて安心したのも事実です。
DSCF0125
 でも、その間10分ほどでしょうか?カエルのように腫れてぽっこりとしたお腹をさらしていた私。思いっきり間抜けな姿でした 笑いのネタをいろいろもらった入院生活でしたが、笑うとまだ痛いです。とほほ~。

|
|

« 印刷革命がはじまった | トップページ | 8月9月の展覧会 »

コメント

ruihui様
入院なさっていたのですね。
ビックリしました。
もうおかげんは宜しいのでしょうか?
まだまだ暑い日々が続き、病み上がりには辛いと思います。
ゆるゆると体調を整え、芸術の秋に備えて余り御無理為さいません様に・・・
とは云え、気になる展示会が多い今秋ですね。
        るる拝

投稿: るる | 2005/08/20 23:13

お心遣いありがとうございます。
人間なにがあるかわからないもので、自分でもびっくり。とはいえ、けっこう笑えるネタをいただいた入院生活でした。
暑い日が続きますがどうぞるるさまも夏ばてにお気をつけください。やっぱり美術館で涼むのがベストですね。

投稿: ruihui | 2005/08/20 23:36

久し振りに訪問しましたところ、入院なさったとのこと、びっくりしました。盲腸ぐらいでしたらまあまあでしょうが…。まもなく後期も始まりますが、できるだけ思い物は持たずに、そろそろとお通い下さい。私、後期は学外研修でお休み。今度こそ博物館・美術館回りをしたいと思っています。
どうぞお大事に。

投稿: 高橋 宏幸 | 2005/09/18 22:36

高橋先生
HP見てくださってありがとうございます。
術後は良好ですので、ご安心ください。後期といえば、古今新古今記念と芸術の秋ですので、古典系は忙しくなります。太ると傷がひきつれるので、私もせっせと歩きたいと思います(^^ゞ

投稿: ruihui | 2005/09/19 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/5553404

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出:

« 印刷革命がはじまった | トップページ | 8月9月の展覧会 »