« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/22

コクーン歌舞伎『桜姫』

05-06-21_17-06
そろそろ暑くなってきました。夏には水を使う舞台が涼しげ?ということで、コクーン歌舞伎です。
今年のコクーン歌舞伎は『桜姫』です。四世鶴屋南北・作、串田和美 演出・美術、宇野亜喜良 絵師…。
中村福助、中村橋之助、中村勘太郎、中村源左衛門、あさひ7オユキ、中村七之助、坂東弥十郎、中村扇雀…。

内容については、専門の方におまかせするとして、観ながらずーっと気になってしまいました。
その1 桜姫の左手に握られていた〈香箱〉の大きさ
 女性の手に握られていたといっても、3cmくらいのものでしょうか。自分の手を見て考えると、結構難しいような気がします。ふたに「清玄」と名が記されていて読めるのだからそれくらいかな?5cmあったら相当な大きさでしょう。
その2 吉田家の重宝(ちょうほう)「都鳥の一巻」
 釣鐘の権八がいつも懐に入れていたようだけれど、そうとう傷むのじゃないかな。墓堀の仕事の時もあったし…。最後に桜姫がさーっと開いて中を読んで確認していたけれど、わりと小さな巻子本。それほど、長さがあるようにも見えませんでした。

いえ、本当はそんなことは舞台のお約束として気にしないことなのですが、今ひとつ舞台に集中し切れなくて……。

というのも桜姫。パンフレットにフリーライターの人が「お姫様から小塚原の女郎へ、それは現代の超お嬢様がキャバクラ嬢に転じるなどというレベルを遥かに超えた、ショッキングな展開」と書いておられました。
幕間にそれを読んだせいでしょうか、権助住家の場での桜姫が本当にキャバクラ嬢というか、年増のおばさんというか、オバギャル?というか、本当に何も考えていない女に見えてしまいました。でも、16、7歳の設定なんですよね。若い娘さんの恋といえばシェークスピアのジュリエットも若かった。でも最後に桜姫、やっぱりお家再興を選ぶあたりは日本らしい?
 とも言えるけれど、権助って女房をあっさり女郎にしてしまうくらいだから、人生を共にするにはどうしようもないダメ男だし、そのままそばに居てもまた、女郎づとめが待っているばかり。それよりはお家再興を選ぶというのは当然かな。男を殺して自分の本来の位置に這い上がる?それだけに、ラストの桜姫は凄惨です。

なかなかに毒の強い舞台でした。帰りにレオノール・フィニを見ようと思っていましたが、こちらも強そうだったので、こちらはまた後日にしようと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/06/17

北斎と広重展

北斎と広重展―幻の肉筆画発見 原安三郎秘蔵浮世絵風景画コレクション初公開

この展覧会は、6月19日(日)まで!
場所は日本橋三越本店 新館7階 ギャラリー。
地下鉄なら銀座線・半蔵門線三越前が便利。JRの場合は東京駅から歩いて10分。
平日は午前10時~午後7時30分(最終日は午後6時閉場)

主催はTBS。後援は国際浮世絵学会(財)アダチ伝統木版画技術保存財団
05-06-17_20-31

体力が必要です。(北斎)富士山の周りを一回りして、(広重)東海道を歩いたような気分になります。
時間も必要です。見れば見るほど興味が深まるのですが……。

帰ってきてみて、図録を見るとやたら青い!
写真は表紙ですから青くてきれいでいいのですけれど、中身を見るとやたら青く見えます。
なぜでしょう。印刷の時に青を強調したからでしょうか?どうも、黒までが青みがかって見えます。私の買った版だけがミスプリ?悩みます。もう一度確認する必要があります。

やはり、実物をじーっくり見ましょう。ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005/06/06

中央本線

甲府、長野へと続く中央本線に乗るときは立川も旅の入口です。ここで駅弁、たっぷり夏野菜弁当を発見しました。050606_1058.jpg05-06-06_10-59涼しげなパッケージの中身は本当に野菜中心のおかず。「一日に必要な野菜は350g。このお弁当にはその1/2の180gの野菜が入っています。」とのことです。青しそ混ぜごはん/いわしの唐揚げ/麻婆南瓜/夏野菜とタコのマリネ/冬瓜の五穀あんかけ/華いか焼売/ひじき煮/苦瓜/ヤングコーン/赤パプリカ/ずんだ水饅頭というメニューです。健康的でおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クールベ美術館展

chillon
クールベ美術館展―故郷オルナンのクールベ 2005年4月16日~6月5日 三鷹市美術ギャラリー(東京/三鷹)

すみません。東京では終わってしまいました。しかしながら、この後この展覧会は、新潟、愛知、京都、札幌、帯広、大分を巡回します。courbet
この美術館じたいがきれいです。

仕事が煮詰まったときは、気分転換!とあわてて行ったのが近所のクールベ。十数年前にブリジストン美術館でお目にかかって以来の再会です。とはいえ、今回のクールベはクールベと仲間たち、と題した方がよさそうな内容です。クールベ工房のようなものもあったのですね。
 図録は1800円。箱つきで窓からクールベ美術館が見えるという凝りようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/06/05

伊藤仁斎の詩歌と学問

 天理ギャラリーで6月12日まで公開中の『古義堂文庫』展の講演会に行きました。京都大学教授大谷雅夫先生による「伊藤仁斎の詩歌と学問」です。江戸時代の和歌と伊藤仁斎の儒学の関係をとても丁寧に説明してくださってたいへんわかりやすく興味深いお話でした。
 展示には版木も多く出ていまして、そのまま書誌学の勉強にもなります。
 入場料は無料で図録は700円。

 会場でお会いしたK先生にお蕎麦の「まつや」を教えてもらいました。本当はO先生とお二人、語り合う予定でしたでしょうに、エレベーターに乗り合わせたばっかりに私までついていってしまって、すみません。ごまそばおいしかったです!(^^)!

 また、この天理ギャラリーに行くときに前を通るのが神田駅前の「伊勢ろく」です。昼間のメニューは親子丼(680円)のみ。カウンター席のみのお店です。

 JR神田駅から天理ギャラリーまでの道のりにはビジネスマン向けのお店がいろいろあって心惹かれます。夜にはもっと違うお酒を飲む世界なのでしょうが、昼時には簡単で素早く食べられるお店が多いのでちょっとうれしい。とはいえ、こういうお店に独りで入れるようになった…大人というか、おじさんになったというかおばさんになったというか…。子どもの頃のあこがれって、実現してみると微妙なものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/06/03

6月の展覧会

クールベ美術館展―故郷オルナンのクールベ 2005年4月16日~6月5日 三鷹市美術ギャラリー(東京/三鷹)

茶の湯の焼物―楽焼 2005年3月11日~6月12日 湯木美術館(大阪/淀屋橋)

春季特別展 聖なるものの造形 2005年3月15日~6月12日 MIHO MUSEUM (滋賀/石山)

ゆったりと書画工芸 2005年3月20日~6月12日遠山記念館(埼玉/桶川・川越)

信仰のかたち 2005年4月1日~6月12日逸翁美術館(大阪/池田)

共立女子学園コレクション 華麗なる装いの世界 江戸・明治・大正 2005年4月2日~6月12日泉屋博古館(東京)(東京/六本木一丁目)

世界遺産・博物館島 ベルリンの至宝展―よみがえる美の聖域 2005年4月5日~6月12日 東京国立博物館平成館(東京/上野)

ベルギー象徴派展 2005年4月16日~6月12日BUNKAMURAザ・ミュージアム(東京/渋谷)

茶の湯の中国陶磁(後期) 2005年4月26日~6月12日野村美術館(京都)

天理ギャラリー第125回展 古義堂文庫展―伊藤仁斎没後三百年を記念して 2005年5月15日~6月12日天理ギャラリー(東京天理教館9階)(東京/神田)

今も昔もスローフード「和菓子 素材がいのち」展 2005年5月17日~6月16日虎屋文庫(東京/赤坂見附)

曼荼羅の世界―玉重コレクションチベット仏教美術
インドの家庭の神像と画像―山内コレクション 2005年4月1日~6月19日 大倉集古館(東京/神谷町)

特別展 茶の湯 名碗 その二 2005年5月14日~6月19日五島美術館(東京/上野毛)

「開館25周年記念 太田コレクション 歌川広重のすべて」展 2005年4月1日~6月26日太田記念美術館(東京/原宿)

館蔵「古伊万里の展開―魅惑の作品類」 2005年4月2日~6月26日戸栗美術館(東京/渋谷)

アール・デコ展 2005年4月16日~6月26日 東京都美術館(東京/上野)

茶陶の源流 2005年4月23日~6月26日出光美術館(東京/有楽町)

特別展 唐物茶入と瀬戸茶入 2005年5月14日~6月26日根津美術館(東京/表参道)

恐竜博 2005年3月19日~7月3日 国立科学博物館(東京/上野)

新シルクロード展~幻の都 楼蘭から永遠の都 西安へ 2005年4月16日~7月3日江戸東京博物館(東京/両国)

江戸狩野派ってなに? 2005年4月23日~7月3日 板橋区立美術館(東京/西高島平)

雅楽―伝統とその意匠美 2005年4月16日~7月10日宮内庁三の丸尚蔵館(東京/大手町)

江戸絵画への熱いまなざし インディアナポリス美術館名品展 2005年6月10日~7月10日 北九州市立美術館(福岡/小倉)

ルーブル美術館展―19世紀フランス絵画 新古典主義からロマン主義へ 2005年4月9日~7月18日横浜美術館(神奈川/桜木町)

文人の世界―自然を楽しむ 2005年6月4日~7月18日柿衞文庫(伊丹)

千總コレクション 京の優雅~小袖と屏風 2005年6月4日~7月18日京都文化博物館(京都)

物語のある絵画 2005年6月10日~7月18日静岡県立美術館(静岡)

植物画世界の至宝展 2005年6月11日~7月18日東京芸術大学大学美術館(東京/上野)

特別企画展 かわいいミニチュアの世界 2005年4月23日~7月24日MOA美術館(静岡/熱海)

プランタン=モレトゥス博物館展 印刷革命がはじまった:グーテンベルクからプランタンへ 2005年4月23日~7月24日 印刷博物館(東京/江戸川橋)

特別企画展 光琳デザイン展Ⅱ 2005年6月25日~7月24日MOA美術館(静岡/熱海)

水辺と森と縄文人―低湿地遺跡の考古学 2005年6月14日~7月31日国立歴史民俗博物館(千葉/佐倉)

うつわ・ケース・袋物―人は何を入れたりしてきたか 2005年6月18日~7月31日遠山記念館(埼玉/桶川・川越)

東洋古陶磁展―中国朝鮮の古陶磁Ⅱ 2005年6月12日~8月14日たましん歴史・美術館(東京/国立)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »