« カルタ模様のお皿と板カルタ | トップページ | ベルリンの至宝展 »

2005/04/13

百人一首かるた

月曜日から水曜日の今日まで雨模様の日々です。桜はもう葉桜といったところでしょうか。でも、どことなく桜餅の香りがただよいます。和菓子がおいしい季節?

展覧会にはここ数日行けないので、昨日に引き続き室内の遊びなど。

お正月といえば、カルタ。カルタといえばお正月。というイメージでしたが、一年を通して戦っている人々がいました。全日本かるた協会。ここでは、日々競技としてのかるたを愉しみ、名人・クインといわれる人が毎年選ばれるそうです。

恩師の講演会があったので、この協会主催の展覧会に行ったことがあります。
活字カルタを使った競技カルタを開発し奨励したのは黒岩涙香(1862~1920)。どちらかというと、デュマの『巌窟王』とか海外小説を翻訳(翻案?)した人というイメージが強かったのですが、評論家、大衆紙の編集者だったとか。sence幕末生まれで大正まで生きた知識人…奥が深いです。

|
|

« カルタ模様のお皿と板カルタ | トップページ | ベルリンの至宝展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/3688593

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一首かるた:

» 百人一首 [気ままに百人一首]
おくやまにもみぢふみわけなくしかのこえきくときぞあきはかなしき [続きを読む]

受信: 2005/04/14 05:08

« カルタ模様のお皿と板カルタ | トップページ | ベルリンの至宝展 »