« 厳島神社国宝展 | トップページ | お花見 »

2005/03/28

ミュシャ展

mucha02mucha01昨日(3月27日)の上野は天気がよかったこともあって、人でいっぱいでした。東京都美術館で行われていたミュシャ展も最終日ということで、90分待ち!

この展覧会は、高松市美術館から東京都美術館、そして名古屋・松坂屋美術館(2005/4/27~5/22)、浜松市美術館(2005/6/10~8/28)、島根県立美術館(2005/9/16~11/6)、大坂・サントリーミュージアム[天保山](2005/11/9~2006/1/29)を回ります。

「四季・春」はもうすっかり有名な1枚ですが、なんといってもボッティチェリの三美神をもっと妖艶にしたような美女。すごいきれい。しかし、よ~く見ると、首ががっしり。そう、一見夢のような絵に見えてすっごいリアル。

そして、「ヒヤシンス姫」チェコ時代を代表するポスターだといいます。どんな内容だったのでしょう?バレー・パントマイム作品ということですが、こんなポスターを見ると、モデルの女優さんアンドラ・セドラコヴァってきれいだったのだろうと、わくわくします。

図録は2,000円。内容もなかなか充実しています。日本テレビのwebでも購入できます。

|
|

« 厳島神社国宝展 | トップページ | お花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87283/3472617

この記事へのトラックバック一覧です: ミュシャ展:

« 厳島神社国宝展 | トップページ | お花見 »